久々にオシャレの話。
本日の2枚の写真は数年前のミコノス島の路上で撮影した衣料品店二つ。春の今頃の季節だとギリシャの島では海水浴をしている人が結構いる。日中に海水浴はできるが、写真のような服装は寒くて無理。
f0037264_18114149.jpg


一枚の大きな布で下のような感じで着こなす。これは海水浴に行くときや帰ってくるときの恰好。まぁホテルとかペンションの目の前にビーチがあれば、こんな格好が便利かもしれない。
f0037264_18121501.jpg



芳村真理さんが素敵!
動画で偶然に芳村真理さんを見た!82歳だそうだ。美しい。ファンとかではないが昔からおしゃれな人ということはわかっていた。
H&Mで買い物をすると言っていた。そこのところは少しわたくしと同じかも!わたくしは経済的な理由で、安くて着やすければ買う。
おしゃれな女性を見ると元気が出るので、久々に話が聞けて、うれしかった。18分32秒あたりから


アレルギー
目の周辺が真っ赤に晴れて、お岩さん状態だったが、今はだいぶ良くなった。
なんかもうかゆくて、化粧なんてやってられん!という状況だった。
しかし、今は回復中で、ラ・ロシュポゼのCCクリームで化粧及び日焼け対策ができるようになった。

ダイエット
もう食べたいものは食べるので、ずんぐりむっくり。人よりは食べないのに体重過多なのは体質なのかもしれない。ああ、マーク・アンド・スペンサーで買ったデカパンが枕カバーのようだ。こんな状態で、おしゃれをしたいなどと、どの口が言う!そんな感じだが、皆さま、いかが?!


- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-04-25 18:33 | Comments(0)
この滝は熱いお湯だ。ここはテルモピレス「熱い門」という場所。
f0037264_18141899.jpg


アテナ女神がへーバイトス神に頼んでヘラクレスのために作った温泉。
f0037264_18211948.jpg


歴史的にはスパルタ王レオニダスと300人の兵士とペルシア軍の戦闘の地。
f0037264_18172351.jpg


温泉から数百メートルのところのレオニダス王の記念碑がある。感涙。
f0037264_18244328.jpg


温泉に野良風味のワンコがいて、不法商売している東欧人に懐いている。
f0037264_18122081.jpg

 
近代になって作られた温泉保養所にイスラム難民の施設になっていた。 
f0037264_18140451.jpg

なんかもうテルモピレス(あるいはテルモピュライ)の古戦場のある温泉付近はちょっと危険かも。なんかもう自然の湧き出る熱いお湯のところに、難民ウロウロで温泉でリラックスできない!腰痛を治そうと思ったのに!この自然温泉のフェンスのそとでは東欧人が、オリーブオイルだのお菓子だのを売っているが、食品販売許可書がない人からは買えないと思うけど、間違って買う人もいるのかな?

テルモピレスの近代に建てられた温泉保養施設は20年以上も使用されなかったが、このほど難民のための収容施設となった。この保養施設からふつうに散歩して外へ出てもOKということなので、近隣の村まで難民は散歩する。なんかその中に村の家々の立ち並ぶ細い道を隈なく難民の若者が歯を食いしばって握り拳で歩いているのだが、非常に怖い。また陽気そうに見える若い二人の難民がコンクリートの塀に勝手に上がって、人様に家をじっと覗くのって、常軌を逸していると思うのだが、、。この風景はレスボス島の難民収容施設の周辺の村でも見た。なんで個人住宅の塀に上って、みんなで家の中を覗くのか不思議。不気味だった。わたくしは差別主義者ではないが、一般的にそのような行動をする人々を間近に見たことがないので、警戒してしまう。

レオニダス温泉の湯本、そして川もお湯で、誰もいなくて、いい感じだが、なんかもうここにも難民と思うと、温泉入浴をあきらめざる得なかった。
 
- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

[PR]
# by agapi | 2017-04-23 19:10 | 世間話 | Comments(1)
サラはこの頃アクロポリスの北に来るのは忘れる。
しかし1週間に2度くらいぐらいは思い出したように来る。


f0037264_06413814.jpg


南側にあるアクロポリス博物館の入口で爆睡している。
ゴハンはアクロポリス南の猫給食の人にもらっていると聞いた。
猫給食の人たちおそらく猫愛護団体のナイン・ライブスの人たちかな?

f0037264_06420441.jpg

 
ほかにもなじみのタバコ屋さんのお母さんとか゚娘さんに可愛がられている。
夏になると、犬の動物団体に連れていかれ、洗われて、予防接種もされる。
動物団体の人ってタフだなぁと思う。

f0037264_06421474.jpg



○復活祭が来る!
これから復活祭になる。16日の日曜日で、今年はギリシャ正教とカトリックが同じ日曜日になった。
田舎の人は羊の丸焼きを自宅の庭でやって、音楽を流して、庭でギリシャのフォークダンスをするらしい。
わたくしの一家はスコぺロス島に行くかもしれない。木曜日にアテネを出発しようかなと思うのだが、
いろいろ体調もあるので、どうなるか、その日にならないと分からない。行かないかもしれない。

○面白かったユーチューブ動画 
画面を張りたかったが、張って消されたら、楽しんでいる皆さまにもうしわけないし、わたくしが困るので、テキトーなタイトルでリンクした。
コント・迷惑なフェミニスト上司  
しゃんまさんのシショ―さん 
シューメーヒローコージョー

○昔ながらのパン屋さん プニカ ΠΝΙΚΑ
別におしゃれなパン屋さんでもないので、パン屋さんの棚はこんな感じ。今どきのファッショナブルな雰囲気は全くない。
f0037264_18034704.jpg


ここに古代のパンが置いてある。ゼア・プソミと言えば出してくれるが、キロ売りのようだ。ギリシャ語でゼアは英語だとスペルト、ドイツ語だとディンクルという。わたくしは丸ごと買う。しかし売り切れているときもある.ゼアというの古い品種の穀類である。

f0037264_18041624.jpg



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
   
[PR]
# by agapi | 2017-04-12 18:30 | 世間話 | Comments(6)
アクロポリスの周辺を歩いた。
サラがどこにいるのかなぁ?いつもいるところを訪ねたがいなかった。
f0037264_20294583.jpg


リシクラテス記念碑のあるところにも行ってみた。
これは古代記念碑で大理石上に三脚があった。
紀元前334年にディオニソス劇場で行われたでィオニシア祭のコンクールで、
監督でプロデューサーだったリシクラテスという人物が優勝したので記念碑が建てたのである。
監督が三脚(トリポデス)に座っていたのは古代からだ。
この記念碑は大きな優勝トロフィーである。ギリシャ語ではトロペアという。

ここに中世以降にフランスの修道院があって外国の旅行者が宿にしていた。
その中に詩人のバイロンもいて、ギリシャのために身を粉にして働いた。
彼の恋愛結婚なのでいろいろ言う人いるけど、ギリシャ人には英雄だ!
f0037264_20160339.jpg


中世以降にネオクラシックのレジデンスがある。
ネオクラシックというのはギリシャ古典時代がクラシックというので、
ネオクラシックはギリシャ新古典主義というのかな?と思った。
建物の上にアテナ女神とアポロン神の彫像がある。
f0037264_20182033.jpg



現代の町の中に古代遺跡の中に中世の建物などもがあるのだが、
人の住まなくなったネオクラシックの小さな個人住宅などは崩壊しつつあり、
いたずら書きがひどい。落書きがひどすぎて、下手過ぎて、腹立たしい。
そういう建物はメインテナンスが高いので、持ち主が放棄しても税金が来るらしい。
プラカに家があるのは金持ちという国の判断があるのかもしれないが、
ぼろぼろなのもたくさんある。先日ボロボロな家をの前を歩いていたら、
見知らぬ異国情緒風味の人が出入りするのを目撃したが、
なんか見るからに恐ろし気で、見なかったことにした!
空き家にしておくと変な人が勝手にドアをぶち破るのかな?
f0037264_20305179.jpg


まったくサラは見当たらないのだが、こんどはアクロポリスの南側を探したい。
或いは動物愛護団体が施設に連れて行ったのかな?サラはオバチャン犬だし。


お岩さんのようなわたくしで憂鬱!

わたくしがサングラスをかけて歩いたには意味がある。
左目の周囲が赤くハレた。鏡を見てお岩さんみたいで、嫌になる!
歩くときにメガネやサングラスをかけると鬱陶しいのでしない。
これではおしゃれとか、化粧は楽しめない!

お買い物 トレーナーとシャツを買った。
f0037264_21144507.jpg

TALLY WEiJLというスイスのブランドである。
トレーナーは20ユーロ以上だったかな?
ティーシャツは9ユーロか、7ユーロか、だった。

トレーナーは鶴柄かなと思ったら白鳥だった。
ティーシャツはなんだろう?よくわからない。


- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
    
[PR]
# by agapi | 2017-03-29 21:21 | プラカ | Comments(8)
マリー・アントワネットの肖像画を本やテレビ何枚もみたことがある。ものすごく美しい人で、ファッションセンスがあって、華やかな人だと思っている。実際のマリー・アントワネットについてはあまり調べたこともなく、あの大好きな漫画「ベルサイユのばら」だけを熟読して、あれがすべてだった!
肖像画を見るたびに興味深いのがマリー・アントワネットのヘアースタイルである。あの盛ったヘアースタイルがすごいと感動していた。中でも船盛りしたヘアースタイルを昔見たことがあるのだが、ネットで探したがまったく見つからなかった。マリー・アントワネットの体重がどこにも書かれてなくてとても残念だ。おそらく45キロくらいかなというのがわたくしの推定だ。実際はマリー・アントワネットは美人というわけではなかったが、魅力的であった。画家たちによって肖像画は美しく華やかに描かれている。

それとマリー・アントワネットと言えば、マリー・アンコロネットを思い出す。つちだよしこ先生の「つる姫じゃー!」というギャグ漫画に出てくる。つる姫の城にお友だちのマリー・アンコロネットがやってくる話があって、衝撃的だったことを覚えている。マーガレットだったか、りぼんだったか、なかよしだったか、少女フレンドだったか、花とゆめだったか、漫画雑誌のどれかに昔連載されていて、大ファンだった。


 
マリー・アントワネットについての動画を見つけた。なんか面白かったのでここに張ってみる。
すばやく学ぼう!歴史人物伝 「マリー・アントワネット」秋吉聡子 倉山満【チャンネルくらら・3月12日配信】


ウィキペディアより抜粋
マリー・アントワネット・ジョゼファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・ドートリシュ(フランス語: Marie Antoinette Josepha Jeanne de Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。フランス革命中の1793年10月16日に刑死した。
さらに詳しく→ wikipedia マリー・アントワネット 
Vigée-Lebrun Marie Antoinette 1783
○ファッション・リーダー
当時の貴族女性は、相手が驚くようなヘア・スタイルを競っていた。アントワネットも王妃になってまもなく、ローズ・ベルタンという新進ファッション・デザイナーを重用する。省略…ベルタンはアントワネットのために袖や長い裳裾を取り払ったスリップドレスをデザインしている。(スリップって現在の女性も普通に持っている下着である)。
○容姿
身長は154cm。[要出典] 裁縫師のエロフ夫人の日誌によると、ウエストは58~59cm、バストが109cmで、当時のモードに合った体型であったとウィキペディアにあった。

王妃とか女王とか、、、ささやかな感想
なんか何も書くこともなかったので、気になったことをつらつら書いてみる。
いろいろ調べていたら一番奔放で豪傑な女性ってロシアのエカチェリーナ大帝(2世)かな?と思った。
外国人の皇后だったのに、夫の皇帝を廃位させるわ、暗殺するわ、皇帝の血のつながってもいない愛人との息子を次の皇帝にするわ、そして愛人の子供をどんどん生むわ、ものすごいんでびっくりしてしまう。彼女の孫のニコライ1世には「玉座の上の娼婦」とまで酷評される始末であったという。中世で宗教も厳しいのにねぇ。



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
    
[PR]
# by agapi | 2017-03-22 22:20 | 世間話 | Comments(6)

サラは野良犬なんだが、ジントクがあって、野良猫たちから信頼も厚い。
f0037264_18593318.jpg


サラの首輪には名前と予防接種などの年月日が書かれた札が付いている。
f0037264_18594496.jpg


日中はタバコ屋さん、昼寝はアクロポリス博物館、夕方は猫に会いに来る。
f0037264_18595901.jpg

サラがここにいると、
バイクが通ると吠えまくる。これが大問題、
雪が降った時はプラカの誰かさんの空き家にいたり、
ローマン・アゴラの端っこの廃教会(モスク?)に隣接して、
大屋根の付いた遺跡の廃材置き場の中にほかの犬たちといた。
こんなところに?という工夫をしている。
それとわたくしの知らないご贔屓筋の人たちがいる。
ここにいると、サラの頭を撫でて、声をかけて通過する人たちがいる。
猫たちもサラの周りをウロウロして、幸せな顔をする。
動物愛護団体の応援もあってサラが時間を守る限り食料はある。
わたくしもプラカへ行くときはサラに会った時のために
ゆでた鶏肉をバッグに入れている。
 
- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
  
[PR]
# by agapi | 2017-03-22 21:10 | プラカ | Comments(7)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ