なんとなくポンパドール

ジャジャーン、やっぱりウエストをつくらないといかん!
f0037264_19103563.jpg

本当に完全に女子力が落ちたけど、女子力の最後の砦は赤リップなのだ!
f0037264_19120724.jpg


1.今週はメイクアップ愛好会があった。
わたくしがあか抜けたと大評判だったのだが、みんないいヒトで、やさしいから、励ましだと思う。

まぁ、いろいろ貴重なお話を聞くことができた。
○日焼けは厳禁だが、やっぱり多少は日に当たるのはいいことなので、半そでスカートも良い。
○日本に里帰りしていた方たちがキャンメイクのコンパクトがすばらしいと褒めちぎっていた。
 キャンメイクのお粉コンパクト、キスミーの口紅、、雪肌精CCクリームなどの話題。
○わたくしはラロシュポゼというかラロシュのCCクリームが大好き!
○スラックスを手作りしている方がいて、さまざまな材質なので、うらやましい。
 生地を買ってぜひ作りたいが、ミシンを出すのが億劫な話。

その日、わたくしはオフホワイトの帽子とコットンスラックス、黒に火の鳥が点在するTシャツ、
赤紫のウォーキング・シューズ(チャンピオン)というコーディネート。
なんかもうおしゃれというほどではないが、いろいろコーディネートに気を使っている。
赤紫のシューズは服装にはあわないのだが、昨年手首を骨折してからは足元注意ということで、
目立つ靴にして地面の色と区別している。


2.来週は「女子力アップ友の会」がある。
ちょっと早いが、ギリシャは暑いので、浴衣を着てみる!
浴衣で行くと途中で人に見られると、日本人だなぁと思われてしまうので、
集合場所で、Tシャツとスラックスの上から、するすると着よう。
女子力アップというとなんだかなぁ。
女性であることを思い出すのは口紅を塗るときだ。
そしてその色は絶対に赤とか赤紫だわたくしは思う。
わたくしが持っている赤とか赤紫は
1.レブロン ウルトラ HD マット リップカラー 010 love
2.ブルジョア ROUGE EDITION VELVET 06 Pink Pong
3.マックス・ファクター MARILYN MONROE Sunset Red
4.ボディショップ LIP & CHEEK VELVET STICK 40 Poppy Red

3.ゴム入り禁止
ゴムのスカートやスラックスなどを身に着けるようなってから体形がかわってしまった。
これを読んだウエストのある人はパジャマ以外はゴム入りを使用してはならない。
経験者が語っているのだからホントー!痩せたいわ~~。
ここにビーフが10キロのお肉があるとして、手に持って歩くのは辛い。
体重10キロ以上オーバーのわたくしはそういうのを体に身に付けている。
なんかもう(*´Д`)ハァハァするのでツライ。


4.ポンパドール夫人


ポンパドゥール夫人(Madame de Pompadour)ことポンパドゥール侯爵夫人ジャンヌ=アントワネット・ポワソン(仏: Jeanne-Antoinette Poisson, marquise de Pompadour, 1721年12月29日 - 1764年4月15日)は、ルイ15世の公妾。さらに詳しく→ポンパドゥール夫人 二十年は処女、七年は娼婦、八年は女衒とパリ市民に揶揄されたという。
 
ルイ15世(フランス王)  

 
王妃マリー・レクザンスカ(ポーランド王女)
 王は王妃を熱愛し、王子王女を11人儲けた。
 しかし王妃は毎年の出産に疲れて嫌になっていたらしい。
 
公妾:ルイズ・ジュリー・ド・マイイ=ネール(マイイ伯爵夫人、1710年 - 1751年)
公妾:ポーリーヌ・フェリシテ・ド・マイイ=ネール(ヴァンティミール侯爵夫人、1712年 - 1741年)
 庶子:シャルル・ド・ヴァンティミール(1741年 - 1814年)
公妾:マリー・アンヌ・ド・マイイ=ネール(シャトールー公爵夫人、1717年 - 1744年)
公妾:ポンパドゥール夫人(ポンパドゥール侯爵夫人1721年 - 1764年)
公妾:デュ・バリー夫人(デュ・バリー伯爵夫人1743年 - 1793年)



愛妾:ディアヌ・アデライーデ・ド・マイイ=ネール(ロラゲ公爵夫人、1713年 - 1760年)
愛妾:マリー=ルイーズ・オミュルフィ(1737年 - 1815年)
 庶子:アガタ・ルイーズ・ド・サン=アントワーヌ・ド・サン=タンドレ(1754年 - 1774年)
愛妾:フランソワーズ・ド・シャリュー(ナルボンヌ侯爵夫人、1734年 - 1821年)
 庶子:ナルボンヌ公フィリップ(1750年 - 1834年)
 庶子:ルイ・マリー・ド・ナルボンヌ(1755年 - 1813年)
愛妾:マルグリット・カトリーヌ・エノー(1736年 - 1823年)
 庶子:アニエス・ルイーズ・ド・モントルイユ(1760年 - 1837年)
 庶子:アンヌ・ルイーズ・ド・ラレアーレ(1763年 - 1831年)
愛妾:ルーシー・マドレーヌ・デスタン(1743年 - 1826年)
 庶子:アニエス・リュシー・オーギュスト(1761年 - 1822年)
 庶子:アフロディト・リュシー・オーギュスト(1763年 - 1819年)
愛妾:アンヌ・クーピエ・ド・ロマン(マイイ=クロンジュ男爵夫人、1737年 - 1808年)
 庶子:ルイ・エメ・ド・ブルボン(1762年 - 1787年)
愛妾:ルイーズ・ジャンヌ・ティエスラン・ド・ラ・コルテリエ(ボンヌヴァル夫人、1746年 - 1779年)
 庶子:ブノワ・ルイ・ル・デュック(1764年 - 1837年)
愛妾:イレーヌ・デュ・ビュイソン・ド・ロングプレ(? - 1767年)
 庶子:ジュリー・フィユル(1751年 - 1822年)
愛妾:カトリーヌ・エレオノーレ・ベナール(1740年 - 1769年)
 庶子:アデライード・ド・サン=ジェルマン(1769年 - 1850年)
愛妾:マリー・テレーズ・フランソワーズ・ボワスル(1731年 - 1800年)
 庶子:シャルル・ルイ・カド・ド・ガシクール(1769年 - 1821年)

赤色の女性はルイ15世の公妾で有名なのがポンパドール夫人とデュ・バリー夫人である。
なんとなくポンパドール夫人を調べてしまった。そしてさらにデュ・バリー夫人も。
 デュ・バリー夫人はマリー・アントワネットと対立した公妾であったデュ・バリー夫人はフランス革命のときにイギリスに亡命していたのに、なぜかのこのこ帰って来て、とらえられてギロチンになってしまったという。危険なところへなぜ戻って来たのか、謎。

なんかもう華やかなフランス王朝の話だが、あなたはマダム・ポンパドールみたい!と言われるのは屈辱なのだそうだが、、。動画の中で出てきたクレッソン首相は女性で、日本人は黄色いアリで殺しても殺しても、たくさんいるとか、何とか、言っていたような、、。ミッテラン大統領の愛人だったとは知らなかった!そういう風な感じで首相になったり任命したりしていいの?信じられない。

フランスの恋愛小説というのは女性でも男性でも恋人が二人いたら、
好きな人と結婚し、もう一人とは浮気をするというような話を昔どこかで読んだ。
日本人ならそばに異性が二人いたら、上司に聞いてから決める。上司に指示を仰ぐのだ。
イギリス人なら紹介者がいないと話をしない。無視。
イタリア人の男性が二人ならば、一人がカンツォーネを歌い、もう一人がスパゲッティを作る。
ロシアの女性なら、嫌いな方の男性と結婚をし、好きな方の男性を思って果てしなく地平線を見つめる。

なんかイタリア人は楽しそう。

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-05-26 08:45 | お洒落な話 | Comments(4)
ギリシャの島とかアテネのアクロポリス周辺の階段道はものすごく古くて、修理があまりされていない、、というか、、修理された部分だけ、妙に新しかったりする。それから普通にアスファルト道路の縁石が大理石で、滑って転んで、なんか危険でいつも注意して歩いる。
f0037264_17384970.jpg

この階段道はスコペロス島のスコペロス・タウンのアクロポリスというか、ベネチア要塞のところにある階段である。草花が階段や壁から咲き出している。

f0037264_17392904.jpg

なんという花なのかはわからないが、美しい色合いで、雑草として抜いたりはできない。このようにして階段や石で敷いた地面が、長い時間をかけて野生化して自然に戻るかもしれない。そんな日が来そう
f0037264_17395493.jpg


ここは古代はアクロポリスというか中世はベネチア要塞の上のところで、現在は民家の立ち並んでいるところの広場で、バスケットして遊んでいる子供たちがいる。時代はいろいろに変わっていくんだわね。良い時代を作って行ってもらいたい。わたくしもまだまだ協力できるところでは協力したい。たとえばゴミが落ちていたら拾うとか、、。
f0037264_17412279.jpg


除光液
マニュキアを除光液で落とすわけですが、ボディショップのアーモンドオイル入りの除光液は優れもの。7ユーロだったかな?何しろ除光液の中にアーモンドオイルがあるので、さっと乾いてもアm-ンドオイルが残っているので、爪が痛まない。
そして試しにアーモンドオイルの入ったハンドクリームを買ってみた。爪にもよいので、つけている。わたくしは試しにハンドクリームを購入したのでミニサイズの方にしてみた。なんかちょっと脂っぽいかもしれない。
f0037264_23231203.png


ダイエット!
毎日体重計で朝と晩に計測している。なかなか痩せない。断食とかはしないが、
野菜中心にしている。これ以上は食べないと決めたら絶対食べない!
ダイエットのユーチューブを見て、仰天シリーズの仰天チェンジの数々を見てしまった。
ザ!世界仰天ニュース 「ビキニのセルフ写真で40kg減の仰天チェンジ」
見た後は仰天してしまった!
やっぱり痩せないといかん!健康管理はとても大切なので、いろいろ食事を考えて作るぞ!
なんかもう、仰天シリーズの動画は本当に仰天で、特にダイエットは見入ってしまった。
ギリシャヨーグルト、野菜中心、バルサミコ酢などを使って、サラダ中心で、炭水化物を減らすつもり。ラーメンだのスパゲティも食べるけどちょっぴりということにする。まぁ食べない方が良いので、ゴハンとパンで、なるべくゴハンかな。歩くのは舞にと2時間以上したいが、なんかギリシャが真夏の陽ざしで、今度はシミができそう。まったくもう厳しい!前途多難である。



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

[PR]
# by agapi | 2017-05-05 00:07 | Comments(6)
久々にオシャレの話。
本日の2枚の写真は数年前のミコノス島の路上で撮影した衣料品店二つ。春の今頃の季節だとギリシャの島では海水浴をしている人が結構いる。日中に海水浴はできるが、写真のような服装は寒くて無理。
f0037264_18114149.jpg


一枚の大きな布で下のような感じで着こなす。これは海水浴に行くときや帰ってくるときの恰好。まぁホテルとかペンションの目の前にビーチがあれば、こんな格好が便利かもしれない。
f0037264_18121501.jpg



芳村真理さんが素敵!
動画で偶然に芳村真理さんを見た!82歳だそうだ。美しい。ファンとかではないが昔からおしゃれな人ということはわかっていた。
H&Mで買い物をすると言っていた。そこのところは少しわたくしと同じかも!わたくしは経済的な理由で、安くて着やすければ買う。
おしゃれな女性を見ると元気が出るので、久々に話が聞けて、うれしかった。18分32秒あたりから


アレルギー
目の周辺が真っ赤に晴れて、お岩さん状態だったが、今はだいぶ良くなった。
なんかもうかゆくて、化粧なんてやってられん!という状況だった。
しかし、今は回復中で、ラ・ロシュポゼのCCクリームで化粧及び日焼け対策ができるようになった。

ダイエット
もう食べたいものは食べるので、ずんぐりむっくり。人よりは食べないのに体重過多なのは体質なのかもしれない。ああ、マーク・アンド・スペンサーで買ったデカパンが枕カバーのようだ。こんな状態で、おしゃれをしたいなどと、どの口が言う!そんな感じだが、皆さま、いかが?!


- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-04-25 18:33 | Comments(6)
この滝は熱いお湯だ。ここはテルモピレス「熱い門」という場所。
f0037264_18141899.jpg


アテナ女神がへーバイトス神に頼んでヘラクレスのために作った温泉。
f0037264_18211948.jpg


歴史的にはスパルタ王レオニダスと300人の兵士とペルシア軍の戦闘の地。
f0037264_18172351.jpg


温泉から数百メートルのところのレオニダス王の記念碑がある。感涙。
f0037264_18244328.jpg


温泉に野良風味のワンコがいて、不法商売している東欧人に懐いている。
f0037264_18122081.jpg

 
近代になって作られた温泉保養所にイスラム難民の施設になっていた。 
f0037264_18140451.jpg

なんかもうテルモピレス(あるいはテルモピュライ)の古戦場のある温泉付近はちょっと危険かも。なんかもう自然の湧き出る熱いお湯のところに、難民ウロウロで温泉でリラックスできない!腰痛を治そうと思ったのに!この自然温泉のフェンスのそとでは東欧人が、オリーブオイルだのお菓子だのを売っているが、食品販売許可書がない人からは買えないと思うけど、間違って買う人もいるのかな?

テルモピレスの近代に建てられた温泉保養施設は20年以上も使用されなかったが、このほど難民のための収容施設となった。この保養施設からふつうに散歩して外へ出てもOKということなので、近隣の村まで難民は散歩する。なんかその中に村の家々の立ち並ぶ細い道を隈なく難民の若者が歯を食いしばって握り拳で歩いているのだが、非常に怖い。また陽気そうに見える若い二人の難民がコンクリートの塀に勝手に上がって、人様に家をじっと覗くのって、常軌を逸していると思うのだが、、。この風景はレスボス島の難民収容施設の周辺の村でも見た。なんで個人住宅の塀に上って、みんなで家の中を覗くのか不思議。不気味だった。わたくしは差別主義者ではないが、一般的にそのような行動をする人々を間近に見たことがないので、警戒してしまう。

レオニダス温泉の湯本、そして川もお湯で、誰もいなくて、いい感じだが、なんかもうここにも難民と思うと、温泉入浴をあきらめざる得なかった。
 
- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

[PR]
# by agapi | 2017-04-23 19:10 | 世間話 | Comments(2)
サラはこの頃アクロポリスの北に来るのは忘れる。
しかし1週間に2度くらいぐらいは思い出したように来る。


f0037264_06413814.jpg


南側にあるアクロポリス博物館の入口で爆睡している。
ゴハンはアクロポリス南の猫給食の人にもらっていると聞いた。
猫給食の人たちおそらく猫愛護団体のナイン・ライブスの人たちかな?

f0037264_06420441.jpg

 
ほかにもなじみのタバコ屋さんのお母さんとか゚娘さんに可愛がられている。
夏になると、犬の動物団体に連れていかれ、洗われて、予防接種もされる。
動物団体の人ってタフだなぁと思う。

f0037264_06421474.jpg



○復活祭が来る!
これから復活祭になる。16日の日曜日で、今年はギリシャ正教とカトリックが同じ日曜日になった。
田舎の人は羊の丸焼きを自宅の庭でやって、音楽を流して、庭でギリシャのフォークダンスをするらしい。
わたくしの一家はスコぺロス島に行くかもしれない。木曜日にアテネを出発しようかなと思うのだが、
いろいろ体調もあるので、どうなるか、その日にならないと分からない。行かないかもしれない。

○面白かったユーチューブ動画 
画面を張りたかったが、張って消されたら、楽しんでいる皆さまにもうしわけないし、わたくしが困るので、テキトーなタイトルでリンクした。
コント・迷惑なフェミニスト上司  
しゃんまさんのシショ―さん 
シューメーヒローコージョー

○昔ながらのパン屋さん プニカ ΠΝΙΚΑ
別におしゃれなパン屋さんでもないので、パン屋さんの棚はこんな感じ。今どきのファッショナブルな雰囲気は全くない。
f0037264_18034704.jpg


ここに古代のパンが置いてある。ゼア・プソミと言えば出してくれるが、キロ売りのようだ。ギリシャ語でゼアは英語だとスペルト、ドイツ語だとディンクルという。わたくしは丸ごと買う。しかし売り切れているときもある.ゼアというの古い品種の穀類である。

f0037264_18041624.jpg



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
   
[PR]
# by agapi | 2017-04-12 18:30 | 世間話 | Comments(6)
アクロポリスの周辺を歩いた。
サラがどこにいるのかなぁ?いつもいるところを訪ねたがいなかった。
f0037264_20294583.jpg


リシクラテス記念碑のあるところにも行ってみた。
これは古代記念碑で大理石上に三脚があった。
紀元前334年にディオニソス劇場で行われたでィオニシア祭のコンクールで、
監督でプロデューサーだったリシクラテスという人物が優勝したので記念碑が建てたのである。
監督が三脚(トリポデス)に座っていたのは古代からだ。
この記念碑は大きな優勝トロフィーである。ギリシャ語ではトロペアという。

ここに中世以降にフランスの修道院があって外国の旅行者が宿にしていた。
その中に詩人のバイロンもいて、ギリシャのために身を粉にして働いた。
彼の恋愛結婚なのでいろいろ言う人いるけど、ギリシャ人には英雄だ!
f0037264_20160339.jpg


中世以降にネオクラシックのレジデンスがある。
ネオクラシックというのはギリシャ古典時代がクラシックというので、
ネオクラシックはギリシャ新古典主義というのかな?と思った。
建物の上にアテナ女神とアポロン神の彫像がある。
f0037264_20182033.jpg



現代の町の中に古代遺跡の中に中世の建物などもがあるのだが、
人の住まなくなったネオクラシックの小さな個人住宅などは崩壊しつつあり、
いたずら書きがひどい。落書きがひどすぎて、下手過ぎて、腹立たしい。
そういう建物はメインテナンスが高いので、持ち主が放棄しても税金が来るらしい。
プラカに家があるのは金持ちという国の判断があるのかもしれないが、
ぼろぼろなのもたくさんある。先日ボロボロな家をの前を歩いていたら、
見知らぬ異国情緒風味の人が出入りするのを目撃したが、
なんか見るからに恐ろし気で、見なかったことにした!
空き家にしておくと変な人が勝手にドアをぶち破るのかな?
f0037264_20305179.jpg


まったくサラは見当たらないのだが、こんどはアクロポリスの南側を探したい。
或いは動物愛護団体が施設に連れて行ったのかな?サラはオバチャン犬だし。


お岩さんのようなわたくしで憂鬱!

わたくしがサングラスをかけて歩いたには意味がある。
左目の周囲が赤くハレた。鏡を見てお岩さんみたいで、嫌になる!
歩くときにメガネやサングラスをかけると鬱陶しいのでしない。
これではおしゃれとか、化粧は楽しめない!

お買い物 トレーナーとシャツを買った。
f0037264_21144507.jpg

TALLY WEiJLというスイスのブランドである。
トレーナーは20ユーロ以上だったかな?
ティーシャツは9ユーロか、7ユーロか、だった。

トレーナーは鶴柄かなと思ったら白鳥だった。
ティーシャツはなんだろう?よくわからない。


- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
    
[PR]
# by agapi | 2017-03-29 21:21 | プラカ | Comments(8)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ