ヴィラ・アマリアと旧マリア・カラス邸

古い建物を放って置くと、変なやつが勝手に住んで、近所迷惑だよね。
f0037264_965685.jpg


古いネオクラシックの家とか建物を放置しておくと、信じられないような人たちによって、その家はハイジャックされたままになるのです。古い建物の家主が遠くに住んでいたり、あるいは家主が公共機関だったりすると、もう荒れ放題になりってしまいます。

アハルノン通りのヴィラ・アマリア  
f0037264_9162264.jpg

最近アテネで有名になったヴィラ・アマリアというアナーキストの公然としたアジトが警察によって封鎖されました。上の写真がヴィラ・アマリアと呼ばれる建物で、昔は高校の校舎の一部だったようです。その高校が移転してから、中に長い間アナーキストたちが住んでいたのです。近所の人たちはみんな知っていましたが、実際にはどのような人たちが住んでいたのかは分からなかったようです。顔を見たことがない!というわけです。
※ヴィラ・アマリアというのは一般的にホテルやペンショんの名前として使われています。
 こういうアナーキストのアジトのようなところにヴィラ・アマリアなどとつけるとは、
 ホテルやペンション経営者にとっては迷惑です。

旧マリア・カラス邸  
f0037264_9101275.jpg

この建物はアテネ地震のときに、危険と言うことで、使用されないことになっていました。
しかしここもいつの間にかアナーキストなどの集会所および住居となっていたようで、警察隊が中に入って、不法居住していた人たちを追い出しました。まったくもう、この建物の垂れ幕はヴィラ・アマリア封鎖に抗議するためにかけてあるのですよ。他人の家に入り込んではいけないのは常識ですが、管理者がしっかりしていないので、どんどんおかしな人が、すき放題使います。ここはアテネ国立考古学博物館の近くです。建物の出入口は鉄の扉をつけて完全封鎖されていました。
だけど、わたくしが写真を撮ろうとファインダーをのぞいたら、上のほうの階に電球の灯りがついていましたよ。誰かが中にいるまま鉄扉をつけたのでしょうか?地上には警察官がいっぱいいました。
誰か、降りずに、隠れている人がいるのかな?あの灯りが不気味!
もしもこの建物から出ようとしたら、窓からしか出られないと思いました。ロープを下げて、そこを伝って降りるしかありません。しかし24時間体制で武装警察官が10人以上いますからねぇ、どうなるのかな?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-01-14 09:45 | 世間話 | Comments(2)
Commented by たっぺねーさん at 2013-01-14 22:45 x
空き家はどこも無用心、と思うけど、
広すぎる家も無用心みたいですよ。
昔、日銀が支店長のために立派な家を各支店ごとに持っていて、
でもほとんどが単身赴任で使っても一部屋か二部屋、
台所も滅多に使わなくて外食や接待が多いでしょう?
笑い話か事実なのかはちょっと不明ですけど、
どうも住み着いていたホームレスが居たとも知らず、
ずっと同居状態だった支店長さんが居たとかいないとか?
しかし大きな建物ですよね、地震で被害があったら周りも危なそう。
Commented by agapi at 2013-01-14 23:31
たっぺねーさん、そういえば、日本の普通の家の押入れも危ないですよ。
一人暮らしのおっちゃんが、いつも冷蔵庫のものがなくなるから変だなぁと思って、
隠しカメラをつけたら、押入れにホームレスの女性が住んでいたらしいです。
その女性は食べ物だけではなく、風呂にも入って、シャンプーも使っていたらしいです、
もう油断できません。戸締り気をつけましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 静電気を呼ぶ女! 電気座布団が便利! >>