人生は特にわたくしに厳しいわけでもない!

f0037264_23131890.jpg

今日は暑いですわ。夏の陽気ですが、夕方はやっぱりまだ春という感じで、長袖も必要です。

なんかもう遠くに行ってました。お金もないのに遠くへ行けます。
それというのも不思議な巡り会わせです。そして無事安全に戻ってこられました。
たくさん歩きました。でも痛みとか疲れとかは数日後にどっと出るようです。年ですわ。

野原を歩きました。遺跡を歩きました。
f0037264_23311290.jpg

若いときは人生とは何だろう?
人生とは、わたくしにだけ、特に厳しい、と思いました。
まったく恥ばかりかいて生きているので、うんざりしたことがありますよ。
今も人生とは何だろう?ですが、
とにかく足腰を鍛えて、きちんと食事が出来て、ゆっくり眠れる場所があります。
いろいろ浅はかに哲学した結果、厳しい人生でもよく眠れて食べ物がおいしい、結構乗り切れます。

わたくしはとろいので、気がつかないことが多くて、あとであの判断は間違っていたとか、
あのどうでもよいことが実は大切だったとか、いろいろ反省します。
なんと恥知らずで愚かな自分に気がつくと、まぁしょうがない、と落ち込みます。
そんなことを家のものに話すと、わたくしがいかに暇な人であるかを、説教されます。

まぁ、とことこ、一人で、歩きたいところを歩く人生なんだなぁ、、。
今は春で、草花の香りがいっぱいなので、土日は、ギリシャのあぜ道を歩いています。
なんとなくビールの美味しい季節になってきたのでうれしいです。



 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-05-15 23:45 | 世間話 | Comments(6)
Commented by ぐらっぱ亭 at 2013-05-16 09:05 x
人って、結局みんなそんなもんでしょう。最後は、ちゃんとそれまでの人生のバランスがうまく取れて、あちらに行くのだと思いますね。あくせくしても、大したことなし。
Commented by agapi at 2013-05-16 22:57
ぐらっぱ亭さん、 人というのは分かっているようで分からないことが多いですね。
みんなどこかで何か勘違いをしながらいきているのかなぁとこの頃思います。
この世のことは夢のまた夢、、深くて大きな思想と思いました。
Commented by cecilia at 2013-05-17 14:41 x
私はagapiさんは偉いなーと毎回思います。私は余り物事を考えずに生きているなと思いました。周りからは世間知らずとか、甘やかされたお嬢様とか言われてきました。かと思えば母を18年も介護する事になるし、なんかついてないなと思ったりもしたけれど、私は自分の人生捨てたもんじゃない!と思ってます。母を最期までみてくれた夫と、子供2人に恵まれたし、子供に希望する教育を受けさせる事も出来ているし、ご飯も食べられる、ゆっくり眠れる場所もある。上を見たら上がいる。現状で満足できるのが1番かなと思いました。人生は皆平等で、最後は皆同じに帳尻が合うと聞くけれど、私の母はそうではない、苦労の多い人生だったなと思います。私は最期の時に、ありがとうと言って逝けたらなと思います。
Commented by たっぺねーさん at 2013-05-20 00:00 x
お帰りなさい、お出かけとは思ってたんですけどね~~。
治安が悪いとおっしゃってたので無事で戻れて良かったです。
そろそろ夏ですか!こちらもすっかり田植えが終わりました。
人生についていろいろ考える時、確かに自分はババを掴んだんじゃ?って
損しているんじゃないかって思うこともしばしばです。
なかなか前向きにものを捉えるのは難しい~~。
でも今世界を見渡せば、食べるものがあって寝るところがあって、
ワンコと一緒に暮らすこともできている、
先々、温暖化や食料不足など不安要素は山盛りてんこ盛りだけど、
それだけに囚われてしまうと今の幸せを見逃してしまう可能性も?
そう肝に命じて自分ができることとか、やるべきこととか、
少しずつでも頑張って世間様とワンコたちのお役に立つように
頑張ってみるしかないですよね~~。
死ぬ時にボチボチでしたわって笑って死ねたら勝ちですな♪
頑張って生き抜いたらあとは自分を褒めてあげて終わりにしたいものです。
やっぱりワンコたちは私の人生の偉大な師匠かもせれませんね♪
Commented by agapi at 2013-05-26 20:50
ceciliaさん、一人の人間が広い宇宙の狭い世界で
生きていくのは難儀なことばかりです。
わたくしは自分勝手に生きらないものだ!と思いました。
お母様は、きっとセシリアさんと一緒にいたかったのです。
家族が有難くて、たぶん寝たきりだったかもしれませんが、
そういう気持ちは深いです。
お母さまには婿は息子になって
「迷惑かけてしまったけど、ありがとう!」とあの世で言っていますよ。
最後まで人生を歩き続けるのは大変な勇気が必要だと、
気の弱いわたくしは思います。
Commented by agapi at 2013-05-26 20:52
たっぺねーさん、わたくしは自分はツイテイナイと思うことも多いです。
わたくしは何も持たないものです。
賢いとか才能があるとか金持ちであるとか美しいとか、、、
これといったものが全部ありません。
人を大切に、何か飽きずにして、何か楽しんで、がまんしたり、何もないので、自分のからっぽなところを、そういうことで埋めています。
犬や猫、動物、、なんとなく、見ていると心が和みます。
お互いに人生をとことこ歩いて最後までがんばりましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< その日ぐらし 安里屋ゆんた、さーゆいゆい! >>