コス島の不法難民

アテネはのんきだけど、コス島では大騒ぎらしい。 
f0037264_03261658.jpg


コス島は医学の父ヒポクラテスが生まれたところである。
そこはトルコのボドルムから近いところで、
ゴムボート、或いは体力のある人ならば泳いで渡れる。
そのゴムボートにシリアからの難民がたくさん乗って押し寄せる。
今や島民よりも多いくらいらしい、恐ろしい

その難民は戦争を逃れてきたといっているのだが、
身分を証明するものを何も持っていない。
だからシリア人と断定も出来ない。

その難民たちが滞在許可書をよこせと
暴動を起こし警察を襲っている。

信じられない、、信じられない、、、信じられない、、、
他国で暴れ、家よこせ、金よこせ、
そしてギリシャからほかの国へいけるようにしろ、
えらそうにと怒鳴っている。
 
火のついた棒のようなものを警察に投げ込んだり、
路上で通行中の車に石を投げたり、、、。
言いたい放題、やりたい放題、
そりゃあ、穏やかな人もいるのかもしれないが、
まるで空爆されたシリアの町、或いはアラブの町のようで、
難民たちは戦闘しているように見えた。

島の人にはパニックなんですわ。
この島の人たちは非常に静かでのんきで、
夏以外は農村なのである。

いやぁ、難民たちのレベルの低さに、みんなびっくり、。
コス島の警察官たちがかわいそう。

日本で言うと、沖縄の宮古島とか、新潟県の佐渡島に、
ものすごいボートピープルが来て、
警察官を追い回して、警察署の壁をたたいたり、
警察官のシャツをひっぱったり、、、、
そういう人、いくらなんでもギリシャにいはいないし、
島の警察官がかわいそう。
 
 
難民たちはゴムボートをどこで買ったのか、、
救命ボートのようなもので毎日やってくる、、、おそろしい。

シリア人が多く、アフガン人、、アフリカ人もいる。
なんかもう、
「サポートがひどい」だの
「こんな話じゃなかった」だの、
「私たちは難民だ」などなど
難民と威張る人たちが恫喝するのを毎日テレビで見てる。
コス島はホテルは満杯のバカンスの島である。
難民用の施設はないのである。
突然やってきて、招待客でもないのに、
あれだせ、これくれ、、、、。


難民というより敵が襲ってきたような騒ぎである。
もう戦闘部隊がコス島上陸という感じなんですわ。

ほかの島もいろいろあると思うが、
エーゲ海のキクラデス諸島には難民は押し寄せない。
そこはエーゲ海の中心なので、行くのは難しい。
サントリニとかミコノスとかミロスは普通に観光できる。

コス島は静かで良い島なのだ。
北欧の海水浴している人々の前に
ゴムボートが現れ、難民がハローなどと言う。
海水浴客たちはびっくり仰天。

ギリシャは経済危機でどうしようもないし、
彼らにやっとこテントのようなもの配れるだけ、、
それだって、ギリシャ人のホームレスはもらえないのに、、
この夏の難民はずうすうしいにもほどがあるし、
恐ろしいほど乱暴な人もいる。

聞き書きで申し訳ないが、シリア難民には若い男が多く、
今戦争中で、徴兵されるのが嫌で、脱出してきたものが多いという。
こんなに他所の見ず知らずの敵国でもない国で、
力いっぱい暴れるなら自国のためにその力を使って欲しいと思う。 
しかしそういう道徳とか、良識というものは、まるでない!
中には良い人もいるとは思うが、、

 このページをみてほしい→コス島で警察を襲う難民


なぜこのようなことになったかと言うと、
彼らのヨーロッパにいる同胞が、
だいじょうぶだ来い、というので、
騙されてきたという。

そんなことを言われても、迷惑だわ。
知り合いがドイツにいる、イギリスにいる、、
だから、移民申請してそこへ行くので書類を出せ!
と頼むのではなく威張るの!
こういう人たちは厳しい統治の出来る国で住むのがいいと思う。
人権は大切である。
しかし人権という言葉は凶器にもある。
f0037264_04123791.jpg


コス島と言うのは美しい島である。
ヒポクラテスが生まれ、海岸に温泉の出るところもあり、
偉大なる医神アスクレピオス神殿があるのだ。
ヒポクラテスは医神アスクレピオスの流れの子孫で
代々この島の神殿の神官の家系であった。
海岸で海水浴を楽しむ北欧の人々の前にゴムボートで現れて、
みんな腰を抜かしたという。
 
-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
[PR]
by agapi | 2015-08-12 04:13 | etc. | Comments(4)
Commented by kaz at 2015-08-12 16:43 x
島の人たちもさぞ怖い思いをしているでしょう。気の毒です。ところでこの難民だと言っているひとたち、比較的きちんとした身なりをしているように見えるのですが、本当に難民なのでしょうか?日本にも似たような振る舞いをされる方々がいらっしゃいますが...。
Commented by agapi at 2015-08-12 17:12
kazさん、コス島の人はたいへんです。
イタリアではアフリカと中東の両方だそうで、
アフリカの奥地の黒人系の人々が来るそうです。
コスへ上陸した難民と称する中に、アイエスとか、中東の秘密機関の人も混じっているそうです。
これをコス島の数人の警察官では対処できなくて、
アテネからも手伝いが行っているようですが、
なんかもう英語を話している難民の言いたい放題を聞くと、狂っているとしか思えません。
パック・アンド・ゴー!荷物をまとめて帰れ!
バカンスを楽しむ島民より多い観光客がいて、
島民よりも人口が増えそうな自称難民がいます。 
もちろんEU列強からも調査員は着ていると思います。
Commented by sheri-sheri at 2015-08-18 11:48
ますます混乱していますね。ギリシャには不法侵入という罪というか刑法はないのですか。あまりに不遜すぎ。難民収容所・・・簡易の。自由に闊歩状態だとギリシャののんびりした人々はやられちゃいますね。
Commented by agapi at 2015-08-26 05:24
sheri-sheriさん、ギリシャに来る前にトルコという国があります。
いまそこに200万人以上 の人がウロウロしているそうです。
ものすごい数で、隙を見れば、消えて、ものすごいのです。
数が半端じゃないのです。ものすごい数。その人たちが地上を移動すると
その人たちの頭上の砂煙や土ぼこりが立つ感じです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< コス島へ来たシリア難民 ビデオ ペルシア語のボロボロは立ち去れ... >>