2011年 09月 26日 ( 1 )

13世紀のビザンティン教会にいたワン君

ギリシャのアルタ県のコキニ・エックリシア(Κόκκινη Εκκλησιά=赤い教会)
あるいはパナイア・ヴェッラス (Παναγία Βελλάς=ヴェラの聖母教会) というのがあります。
ここはアルタ市からとても遠く隣のトリカラ県よりにあります。
この教会は13世紀のビザンティン時代の建築物です。
壁の積み方が石と赤い粘土板というか薄いレンガの配置でビザンティン様式なのがわかります。
 

よく見ると教会の入り口にワン君がいます。教会に住んでいるのでしょうか?
f0037264_18394735.jpg


 
この教会近くにブルガレリ村があります。
そこはとても遠いところで、歩いていくのはたいへんです。
f0037264_1840656.jpg


教会の入り口は野の花で飾られていました。ドライフラワー化していますが、きれいです。
誰もいないのですが、教会の中にキャンドルがともされています。
そのうち誰かが来て、無人の教会の鍵を閉めにくるのでしょうか?
f0037264_18403038.jpg


ワンちゃんはおっかなびっくりのような表情ですが、わたくしの出現に何か大きな期待をもっているようです。
f0037264_18412719.jpg


こんな田舎に、それこそ人っこひとり住んでないところへ何できたのかな?
今日は何か教会で催し物でもあるのかな?
f0037264_1841511.jpg


ちょっと、ちょっと、今日はお祭り?人がたくさん来るなんて聞いてないな。
f0037264_18421273.jpg


せっかく来たんだから、遊んでほしいなぁ、、。
f0037264_18423527.jpg


この教会のアスファルト道路を挟んで1軒だけ農家があります。
そこの人が小さなトラックで帰ってきました。
このワンちゃんはその人の家族なのかもしれません。
日中は滅多に見学者の来ない教会で過ごしているのかもしれません。

アテネへ帰る行程は、アルタ県のアルタ市からトリカラ県との県境のピンドス山脈を越え、
カルディッツァ県、フティオティダ県、ヴィオティア県、アッティカ県アテネの我が家、、、
10時間もかかりました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2011-09-26 19:23 | 遺跡と博物館の犬 | Comments(8)