カテゴリ:セリフォス島( 3 )

ぼーっと風景を撮影していたら、大声でわたくしを呼ぶヒトが!
f0037264_23304615.jpg

このヒトはラバさん。馬の特徴とロバの特徴があるヒト。
f0037264_23310485.jpg

独りで退屈なので、ゆっくりして言ってくれという。
f0037264_23312247.jpg

なんか、独りにして去っていくのが、心苦しかった。ごめんよ。
f0037264_23313518.jpg
  

混迷するギリシャなのだが、なんかのんき、である。
まぁ、わたくしにはどうすることもできないし、外国人だし、、。
 
わたくしは基本右系保守なのだが、ギリシャを守るために
もうこうなったら、わたくしがシュショーになるしかないのかな?
さぁ、みんな、ついておいで、なんて、ありえないので残念である。
わたくしって、しみじみ惜しい人材だと思う、なんちゃって、大笑い。 

-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   

 

ぼやきなので後で消すかも、、。 
[PR]
by agapi | 2015-09-17 02:39 | セリフォス島 | Comments(2)
おい、どうしてる? おれは仕事を終えて帰るところだよ。
f0037264_19391385.jpg
  
今夜はさ、8時くらいに、リヴァディの海岸でさ、ウゾでも飲もうぜ。
f0037264_19392543.jpg


ロバじゃねぇ、ヤマハのバイクで行く。心配すんな、酔っ払ったりしねえ。
f0037264_19394148.jpg

セリフォス島のホラの町のに住む人たちの家やお店にをロバで荷物を運んだオジサン。美しい町というのは住みにくいのが現状である。車が入れないのでロバさんは便利である。そして斜面の畑や羊の牧場に行くにも重宝されているのである。このオジサンは海岸の平らなところの広々としたところで、夕方から飲むのだ。
しかし観光客は古いノスタルジーを感じるところにいきたいと思う。

このホラの町の中は外国人観光客がたくさん歩いている。古い家は観光客用のアパートメントに使用されている。町の市役所前の広場には昔からのカフェバーがあり、ドイツ人、イタリア人、デンマーク人、フランス人、アメリカ人、オーストラリア人たちが、夕方から集まって、ギリシャのワインやウゾやメゼと呼ばれるおつまみを食べて、涼んでいる。

セリフォス市役所とメゾドポリオ(ギリシャの居酒屋)ストゥ・ストラトゥ

f0037264_20050073.jpg
   
日中はひとりもいないが夜は満席となる。日射しのある時間は誰もいない。エーゲ海の島の夏の日中は風は吹くし、灼熱なので家にいるのがいちばんである。海岸のほうに行けば海水浴しているのは外国人が多く、わたくしは5時過ぎから泳ぐことにしている。今のところわたくしはこの島では唯一の日本人のようだ。
セリフォスでの観光というのはホラの町を歩くか、海水浴をするかである。
 
-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
[PR]
by agapi | 2015-09-05 20:14 | セリフォス島 | Comments(6)
エーゲ海の古い町は階段道で車もバイクも入れない。
f0037264_06343523.jpg


そういう場所を荷物を担いで歩くロバさんが2頭いた。
f0037264_23174007.jpg


行きは注文の野菜や何やらを運び、帰りはゴミを回収していた。
f0037264_23220548.jpg
 

キトノス島に5日、セリフォス島に4日、現在シフノス島にいる。
この先はミロス島に行く予定である。
各島とも伝統の町は階段道か迷路となっているが、美しい。

写真のロバさんはセリフォス島にいた。
セリフォス島のホラは山肌に家が建つ。
町中には車は入れないが、その山をぐるぐるっと
遠巻きにアスファルト道路がある。

この島はアルゴス王女ダナエとその息子のペルセウスが流れ着いたところである。


   
-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
[PR]
by agapi | 2015-09-04 23:37 | セリフォス島 | Comments(4)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ