<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カネロ、ゆっくりしてお行き、、この店の女主人が声をかけてくれる。
f0037264_22163862.jpg


ここはボクにとっては居心地の良いお店のひとつ。
f0037264_22165714.jpg


ボクは物心ついたときから、プラカのアドリアヌ通り暮らし。
f0037264_2217202.jpg


ギリシャ経済危機の影響で、通りの半分のお店が閉店か休業をして
f0037264_2217415.jpg


ボクのお馴染みの店や店員さんたちがいなくなって寂しいな。
f0037264_2218413.jpg


女主人が店じまいしたら、女主人を途中まで送っていくのが日課!
f0037264_2219494.jpg



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2011-02-19 22:33 | プラカ | Comments(5)
キリアが歩いてきた道のほうに誰かいなかった?
f0037264_19593389.jpg

カコ・プネブマ(邪気、悪の精神)を消すために
道の端から端まで、乳香を焚いて歩く人がいるんだけど、。
f0037264_2001030.jpg

まったく、お坊さんでもないのにさ。
ぼくはこの乳香が消えるまで、ここにいるつもり。
f0037264_2003749.jpg



ギリシャ正教のお坊さんはお祈りをする時に、乳香をたくことがあります。
乳香は教会や墓地などで使用されますが、家の中で日本のお香のようにたかれることもあります。
どのような感じでたかれるかというと、このような感じであります。→乳香

乳香の香りもさまざまで、樹木の香り、檸檬の香り、色とりどりに100種類以上あります。

日本だと家の新築、新車を買うと、幸を祈りまた厄払いということで、神社で神官さんに、
祝詞をあげてもらうことがあります。
そのような感じでこちらもギリシャ正教のお坊さんを呼んでお祈りする人もいます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2011-02-19 20:17 | プラカ | Comments(1)
夕方、小雨が降って、寒い日がありました。
f0037264_20295641.jpg


ノラオ君がプラカのブティックの中で暖をとっていました。
f0037264_20301822.jpg


ブティックの方に許可をもらってノラオ君を撮影しました。
f0037264_20313290.jpg


フラッシュでちょっと目が開きましたが、すぐ爆睡しました。  
f0037264_2031327.jpg



ヨーロッパ最南端のギリシャは本当に寒いです。
地中海性気候なので冬は雨が降ります。

それから経済危機の余波か、、、
プラカの土産物屋さんが半分閉店あるいは休業している状態です。
がらーんとした観光地の土産街に閑古鳥であります。

ギリシャの海には、実は石油や天然ガスがたくさん埋蔵されています。
自然破壊ということで手をつけてありません。
しかしエジプト危機でのスエズ運河の通行問題、さらにギリシャの借金により、
これから開発されるらしいです。
それはアメリカ資本により行われる予定らしいです。
負債額の利子が毎日膨れ上がっていくので
そういう方向にうごくかもしれません。
小国というのは翻弄されるわけです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2011-02-05 20:51 | プラカ | Comments(3)
エピダブロス遺跡の中にはアスクレピオス神殿と劇場以外に数々遺跡があります。
競技場、オデオン、トロス、ギリシャ時代の公衆浴場、ローマ時代の公衆浴場、
アルテミス神殿、宿泊施設、、
その地盤や円柱が倒れそうなものに修復工事が行われていますが、
予算の関係で工事が中断しています。経済危機の余波で、
エピダブロス遺跡のオープンが短縮されています。困ったものです。



修復中のエジプトの神々の神殿にはイシス女神とセラピス神を祭ってある。
f0037264_1920107.jpg


古代遺跡の中には修復中のところがあちこちあるんだけど、
f0037264_19372673.jpg


遺跡の修復の見通しもたたなくて、作業の人は来ないんだ。
f0037264_19375793.jpg


でも、ぼくのゴハンの人は毎日来ることになっているわけよ。
f0037264_1938198.jpg


あの猫さん、ぼくのゴハンの時にちゃっかりと現れるんだ。
f0037264_19384555.jpg


ぼくは遺跡の用心棒だから、うろうろできない。一宿一飯の義理がある。
f0037264_19391579.jpg




ギリシャの経済危機もたいへんなものですが、流民がひどくなり、
警察はそちらの外国人たちの犯罪の取締りでたいへんです。
アテネ市内のオモニアのホテルが数軒が閉鎖しました。
その周辺は見知らぬ外国人たちたくさんうろうろするようになりました。
そのようところに滞在する人たちは引ったくりにあうようになりました。
地元の人も気をつけて歩いていますが、観光客にはわからないようです。
それで利用者が減り、閉鎖せざる得ないようになりました。

ホテルはシンダグマ周辺に限ります。
ギリシャ人がたくさにるところが安全です。
外国からの不法流民ですら、
ギリシャ人がたくさんいるところに移り暮らしたいのです。

アテネのオモニアやモナステラキ周辺の裏側にはギリシャ人がいない暗黒街のようものが
できていて、そこにネットで予約できるホテルがいくつもあって、犯罪してください!と
頼みたい人しか滞在しないのだろうと思えます。
よくもまぁ、ネット予約にこんなホテルを入れているものだと思う
日本の旅行会社があってびっくり。

こんなホテルのオーナーは閉鎖するか、
続けれるならば娼婦と客の休憩所になってしまうかも、、。

わたくしは日本以外の外国に行く時、ホテルは安全性を考えて、
安宿には使ったことがありません。

ギリシャで安全なのはアテネならばシンダグマ広場周辺、
それ以外はエーゲ海の島々のホテルをはじめとする地方の観光地のホテルです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2011-02-01 21:08 | 遺跡と博物館の犬 | Comments(5)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ