<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


キリア(マダム)はボクをテリーと呼ぶけど、新聞テレビではボクはルカニコ。
f0037264_40638.jpg


このレポーターさんが動かないから、シャーッとしておくか、。
f0037264_403319.jpg


鬼畜・・・そういう言葉あります。

f0037264_4514181.png
ギリシャのデフォルトの話し合いが長引き、次はポルトガル、次は、、、と続きますが、なんだか恐ろしくて「白人は人間じゃない」というジャーナリストで作家の高山正之さんの本のタイトルを思い出しました。

あの白人とは列強国の人の政治家、銀行家、軍人などのことだと思いましたが、どうなのだろう?
ECB(ヨーロッパ中央銀行)って、意外とえぐいんだなぁと思いました。鬼畜なことをしれっとできるものなんですね。ギリシャの費やした金額とほぼ同じ金額の利息を要求しています。日本人とか日本銀行とか借金と同じ額の利息を要求するとは思えません。

イギリスのテレグラフのコメント欄にはEUの銀行がこのように続けることで動揺している人たちの意見が多くあります。大きな金融機関ECBもですが、IMFもノングリークファイナンシャルズに入っているようです。信頼できると思われていた金融機関が邪悪であると思う人たちが増えてきました。

EUの銀行は実は公的銀行ではなく民間銀行になっているので、銀行家の意思が繁栄されています。IMFもひょっとしたらすでにそうなっているのかもしれません。公営の金融機関は公営のままにしておくことが人々のためになっています。民営化の響きに合理化と思わせるところが資本家に協力する政治家たちの言い訳なのだろうと思います。

それにしても政治家はこの借金とその利息を自国民に民間債務としてローディングして責任を取らないのも恐ろしいことです。いったい何のための政治家なのだろうと思います。

この円グラフを見る前は世界の人々は何でギリシャ人はみんなでこんなお金を使ったのだろうと思いました。同じEUなのにECBなども闇金サラ金ばりですね。ギリシャが使用したお金は19パーセントに対して、なんかすごいですよ。夢も希望もなくなるわ!

こんな膨大な総額を助けるのは無理といわれても仕方ないことなのでしょう。

こういう借金の仕方をした前首相パパンドレウさんは毎週末カヌーを楽しんでいます。前回はエヴィア島でした。今回はスキヤソス島でカヌーです。そのために200人のSPを付けて移動しています。命の危険を感じているのかもしれません。それなら200人のSPまでつれて出かけるのは国費の無駄遣いと思います。どういう状況にあるかとか、お金もたいへんだとか、考えないのでしょうか、とても不思議。
彼はスポーツが好きで、花柄のバンダナを巻いて、カヌーをします。そして時間が来るとジョギングもします。

メルコジ(メルケル+サルコジ)たちと三者会談のときに、この続きは休憩をして引き続き行おう!ということになりました。そして再開の時間になり、パパンドレウさんが来ないのでどうしたのかなあ?と思ったら、彼はジョギングに出かけてしまいました。彼にとって優先順位はジョギングなのです。それでその後サルコジさんがインタビューなのかテレビ中継のときなのか、パパンドレウさんのこと「この人は頭がおかしい」とか言いました。サルコジさんのその声がニュースになって、わたくしはショックを受けてしまいました。ギリシャ人はもうポカーン(ばれたか、やっぱり)としていました。

わたくしはとろくてギリシャ語が分からないのでみんながショックを受けているときはわたくしは怒り、みんながポカーンとしているときはショックを受けています。つまりひと汽車遅れるのです。電車一台遅らせて乗ってついていく感じです。

現大統領のカロロス・パプーリャスさんはおだやか人徳者のようなお顔をしていますが、ギリシャのような小国で、アメリカ大統領よりも高い給料をもらっていました。別に世界のために飛び回っているわけでもなく、そうねぇ、名誉職なだけですが。それがスクープされてから、給料減額を申し出たそうです。わからなかったら、そのままだったかもしれません。スクープ前にやれば、いい人ね、と思われたと思いますが、残念です。

スイス銀行にギリシャのお金持ちが預金しているといいます。たぶんギリシャの政治家の公金横領であろうテレビで言っていましたが、見たわけではないので分かりません。でもその証拠としてスイス側がギリシャの銀行預金者たちのリストを譲渡するというのに断ったのが怪しいです。

昔からのギリシャの大富豪と呼ばれる人たちはもう10年も20年も前に税金大国のギリシャを去って海外に本社を持っています。そちらで税金を払っています。ギリシャには家があるようでその税金はギリシャに納めているようです。  

貧困・・・余りの借金の額に人々はシシフォスの岩を思うのでした。
シシフォスはコリントの狡猾( こうかつ)な王で、死後地獄に落とされ、大きな岩を山頂まで転がし上げる罰を与えられるが、岩は山頂に近づくといつも下に転がり落ちた。シシフォスの岩とは「むだ骨折り

やれ公務員多い、定年退職は早すぎ(人によりますが)とか、そういう問題もありますが、、
いくら切り詰めても、人々はお金を持っていないので、空腹な人が増えていくのかなぁ。
1週間前に高いビルの上から跳び下りようとした公務員女性がいました。


給料が下がって、クビになるかもしれない。
病気の子供がいて、ハンディキャップなの、
子供の薬に保険が利かなくなって、
食べるのもたいへんになって、
どうしたらよいかわからなくて、、。
f0037264_2221611.jpg


お願い、キリア、どうか、そこから跳び下りないで!
お願い、キリア、みんな、あなたと同じ、
わたしもそこにいく一歩手前なの。

下を歩いていた人たちが、あちらこちらから、
その高いビルの隅に立っていた女性に声をかけていました。
この女性はあとで、親戚の人が迎えに来ました。
大粒の涙を流していたので、周りの人も同じように大粒の涙を流していました。

風刺・・・貧乏人から盗んで金持ちを救う怪盗

昔、イギリスのモンティ・パイソンというお笑い番組がありました。日本と違ってやはりその国ならでは味付けがあって人気番組でした。そのなかに怪盗デニス・ムーアというのがあって、彼は貧しい人かたちから小銭を盗み、お金持ちに分けていました。しかしお金持ちと言うのは意外とセコイ人の集まりで、怪盗デニス・ムーアからティアラ(髪飾りのようなもの)をちょろまかしたりします。泥棒をちょろまかすとはあきれますが、これが風刺にみちていてすばらしいのです。金持ちは銀行家とか投資家で、泥棒が政治家で、その他大勢がドショミンです。下の動画は怪盗から小銭をもらう金持ちが面白い。
小銭は税金というところでしょうか、、。

060.gif
Denis Moore, Denis Moore riding through the land.
Denis Moore, Denis Moore without a merry band.
He steals from the poor and gives to the rich -- STUPID BITCH


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-02-20 06:47 | etc. | Comments(8)
ギリシャ国会でドイツ提案の支払い法にイエスを言わない国会議員もいるけど、
イエスといったらさ、100の借金のうちの19しか使っていないのに、
何故か81の利息をハゲタカに支払うのってどうなの?
何で81も盗るくせに、ギリシャにお金を貸すと損するとか、、。誰が損をするの?
余りにも情報が少ないので、わたくしはずっと変だなぁと思っていました。
わたくしはギリシャにいるのに日本の情報だけで、ギリシャの情報を見ていませんでした。
8回もデフォルトしてるっていうけど、それなりに借金は返してきて、
なんとトルコからの独立戦争に借りたお金はやっとこ12年前にきれいになりました。
だからデフォルトといっても、それなりにゆっくり返していたのでした。
ギリシャを、だめ、だめ、だめ として、そのの向こうに何かあるの?


なんかさ、ギリシャのデモがおもしろおかしく見えるけど、それなりに気の毒。
f0037264_1235756.jpg



このイギリスのテレグラフのHPにあった円グラフを見てください。全体の19パーセントの必要経費に81パーセントのハゲタカ人間が考えたとしか思えない返金額はすゴイ。どうしてこのような冷血が出来るのだろうか?これではギリシャが破産させるために仕掛けているとしか思えません。すでにアクロポリスとか抵当に入っているという人もいますが、、。世界恐慌をギリシャの所為にして、良い思いをしようとする邪悪な人がいるのかも、、。この円グラフを見れば見るほど恐ろしい!
 
f0037264_0342721.png

この援助プランにイエスといわないので長引いているのです。たぶんイタリアもスペインもポルトガルもこの調子であろうと思いますが、ギリシャよりもきつくないかもしれません。それは取れるものがないからかな?
実はギリシャのクレタ島の南のリビア海から天然ガスと石油が埋蔵されているのです。
ずっとギリシャはこれを発掘して分けて借金チャラを考えていたのですが、どうやら、これを利息81パーセントを盗る投資家や銀行家など(たとえばゴールドマン・サックス)のものになる計画があります。そしてそれを差し出さない場合は軍隊を送ることが出来るんですって!どこの軍隊なの?情報が毎日小出しだからわかりません。

すべての原因はギリシャにあります。
ギリシャの政治家たちは政治活動維持のためにたくさんの公務員を採用してしまったことにもっとも大きな問題があるのです。政治を私物化してしていたため、この付けを返すために、ギリシャ人の3分の2の公務員でないない人々とはまきぞえとなりました。
民間で働く人たちは厳しい状況ずっときましたが、余りの税金の数々に、会社も商店も閉鎖されて、職を失っています。ホームレスになる人、自殺をする人、最近増えてきました。このようなギリシャの状況下に不逞外国人が徘徊しています。
デモのときにアナーキストが放火をして、不逞外国人がその暴動の合間に略奪行為を行います。
まったくこのアナーキストも訓練されて野に放たれたら野獣の如しでプロの兵隊みたいだなぁと思ってしまいます。

前首相で前社会党総裁のゲオルギオス・パパンドレウさんはおじい様も、お父様も、首相を務めた家の出身で、ソフトなキム・ジョンオンさんということになりましょうか、、。おばあさまはブルガリア人だったそうですが、彼女の一族はアメリカのユダヤ人協会のお偉いさんという話があり、またお母様はアメリカ人ですが、その出自は詳しく分かりません。それにしてもゲオルギオス・パパンドレウさんはリビアのカダフィさんからギリシャにの借金の足しにしてと大金をもらったはずなのに、どうしたのでしょうか?
この人物はギリシャ人はヨルガキ(子供のヨルゴス・ヨルゴスちゃん)と呼ぶのです。たぶんアホだからです。オバカといわれずに育ったトッチャン坊やです。

そして民主党のアンドニス・サマラスさんはハーバード大学経済学部を出ていて、パパンドレウ首相とは大学は違いますが、アメリカにいたときは同じアパートメントで暮らしていた親友であり、竹馬の友であります。

そして暫定政権の首相ルーカス・パパデモスモハーバード大学出身で、銀行家だった人が、EUから送られてきた落下傘首相であります。

まったく、がんぐびそろえて、このおそろしいハゲタカ利息にイエスを言っています。この返金プランにノーといった人は党除籍になり、イエスの人だけになっています。愛国心とか、ないの?なぜ反ギリシャをしてるのかわからない。

思うに石油会社というか天然ガス会社設立のときはこういう人たちは役員になったり、株主になったりと、将来が約束され、きれいに国を売り渡すのだろうか?そのような疑いを持ってしまう今日この頃です。

巷であるギリシャ人は言います。
ハーバードの経済学部は恐るべし!売国奴育成の本拠地だよ。

またほかのあるギリシャ人は言います。
ガッコーじゃねーよな。普通にお店とか会社に勤めてみろつうの。スパーのレジのオネーちゃん100人を集めて財務省のすべての領収書の計算をさせたら、悪魔の無駄遣いはすぐわかるんじゃないの?
オレ、金持ちって、悪い人の集まりだと思う。

ギリシャで国会議員になるにはそういう家に生まれるか、莫大なお金を持っているか、共産党ででるしかないらしいです。

わたくし、日本に対する愛国心は深いです。そしてギリシャに対する愛国心も深いです。
何か、ギリシャのために、やって上げられることはないのかなぁ、、今、それを考えています。
わたくしのような頭もお金もないような人間は無力です。

昨日さ、ギリシャ在住ドイツ人たちがドイツ大使館前でデモやったらさ、
f0037264_1241623.jpg


大使館が警察を呼んだから逮捕されちゃった。ギリシャに住むドイツ人、ボク好き。
f0037264_1243957.jpg



ドイツ大使館での在ギリシャドイツ人の抗議 
ギリシャの国際結婚の相手としてもっとも多いのがドイツ人
http://youtu.be/YCVSR_IvDmQ


ギリシャの富豪といえばオナシスさんが有名ですが、テサロニキに住んでいるオナシスさんの従妹80歳以上が、食べ物がなくて、ゴミ箱をあさっていたという話をラジオで聞きました。
またオナシスさんとライバル関係にあった富豪のニアコスさん一家はずっと昔に会社をイギリスに移して、きちんとそちらで納税しています。ギリシャに置くと税金が高いので、ギリシャ人社員はこちらで見つけてあちらで採用しています。
ギリシャ人の富豪というのは海外に出ています。それで、ギリシャ危機のためにニアコスさんは大金を「貧しい人にご飯を食べさせて」と政府に渡したのですが、どうなってるのでしょうか、なんにもしていません、これも使途不明金なのかな、、。

政治家たちや経済財務の官僚たちが高給取りで、潤っているのでスイス銀行のお金はそのような人たちものらしいです。公務員も上から下まであるようでずっと給料が支払われていない人たちもいます。
ああ、、なんというか、この存在の軽さ、なんとかしてくれ!そう思いました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-02-18 02:57 | etc. | Comments(0)
2月12日の日曜日に大規模なデモがありました。
翌日の月曜日にシンダグマ広場周辺を歩き写真を撮影しました。
デモがいいけれども、暴徒化した人々が町を壊すことに憤りを感じます。
暴徒化した人々って、アナーキスト主導なのだろうと思います。
日曜日に昼間にわが家のベランダに出ると、催涙ガスの匂いがしました・

アナーキストは黒い目出し帽をかぶっているので誰なのかはわかりません。
彼らは銀行や大型店や高級ブティックを放火するので、
この付近の経営者たちは疲れて、廃業してしまうことが多々あります。
そうすると従業員たちが失業して、経済危機に拍車がかかります。
こういう経営者たちにも、さらに大きな税金をかけるし、
従業員の給料からもさらにさらに税金がかかるので、たいへんなことになりました。

毎月新しく税金が発明されてたいへんです。
それもこれもギリシャ政府が他所に借金をするからであり、
政治家は支持者を増やすために公務員にしたりしました。
ギリシャの政治家の政治というものは政治家個人とその関係者たちの中にあるのかもしれません。
ギリシャをこのような状態においやってしまった売国奴に重罪を与えてほしいと思いますが、
なんとなく裁判官も検事も当てにならないように思います。

こちらに住む日本人の皆さんは清廉潔白のまじめで、ギリシャの不便なシステムにも、
なんだかんだ言ってもきちんとしたがいます。まぁ、まじめな人ばかりです。
なので自分のことのように国の行く末を心配します。


2月12日の大規模デモがあったけど、翌日のシンダグマ広場内はとりあえず元通り。
f0037264_2344268.jpg


白い建物がグランドブルターニュホテル。CNNが何階か知らないけど貸切だよ。
f0037264_23444149.jpg


ギリシャだけが悪いみたいに言うのやめてほしいな。借金の内訳円グラフを見てよ。  
f0037264_23445924.jpg




イギリスのテレグラフ紙
なぜギリシャが提示されている借金に関して非常に騒々しいか?
そう思っている人はこの円グラフ見ればわかるでしょう。
与えられた借金ごとに、ギリシャの政府当局は19パーセントを費やし、
そのほかは高利貸しの懐に入ることになっているのですよ。
つまり貧困層は金持ちを救済しているのであります。

下の円グラフはイギリスの新聞テレグラフが伝えたものです。
f0037264_0342721.png

このテレグラフの記事を読んだ人々の意見がこの記事の下に続いていました。
貧困者が金持ちを救済するシステムがEU内に確立しているという意見が多いです。
 
 
 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
 
[PR]
by agapi | 2012-02-17 00:53 | etc. | Comments(4)
赤猫仔猫のアモーレ、アモーレ、アモーレミオ君じゃないか、、。
f0037264_20494092.jpg


水溜りの水なんか飲むんじゃないよ。水ならいっぱいあるんじゃないの?
f0037264_20495840.jpg


飛行機に乗った猫がコックピットに潜入したり、。猫って好奇心がいっぱいだ。
f0037264_20501830.jpg




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-02-05 20:55 | プラカ | Comments(6)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ