ノラちゃんのギリシャ!時々着物

agapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

海の番人

ちょっと留守をしていました。遠いところにこもっていました。
家に帰り、やっとこすっと、普段に戻ったところです。


やれ、やれ、静かな場所で、横になりたいわぁ、、・ 
f0037264_21153818.jpg

アタシの居場所はシンダグマ広場のグランド・ブルターニュホテルの軒先。
f0037264_21191260.jpg


最近、デモヤラ、ナンヤラ、人の出入りに疲れちゃったわぁ。
f0037264_21193899.jpg


わぁ、あの日本人のキリアがゴハンあげるって呼んでるみたい。  
f0037264_21195471.jpg



わたくしの身のまわりには野良になった犬や猫がいますが、動物愛護の観点からいえば、好き嫌いなく、すべての動物を平等に扱うのがいいのかもしれません。ねずみとか両生類とか爬虫類とかゴキブリとか蚊は苦手です。もう駆除対象になってしまいます。まったくわたくしという人間も他人様に胸張って生きる人間とは言えませんですわ!蚊も殺せない人間になると、自分が死んでしまうことになりますしね。


海の番人

鯨やイルカ問題について、よく日本を批判する人に時々出会います。
それはCove(小さな湾)というドキュメンタリー映画の所為が大きいのかもしれません。

コーブという映画は
和歌山県の太地町の伝統鯨漁をする猟師さんたちに張り付いて
盗撮ビデオを都合よく編集して作った映画です。

実際に猟師さんたちは海の番人シーシェパードに張り付かれて、取り囲まれて、
ハラスメントされているのです。

外国人の男たちに付き添うようにうろつく外国人女性たちがぐるっと、
日本人猟師を囲んで一方的に英語で話しかけて馬鹿にしている動画をみました。

二人の若い日本人猟師をぐるぐるぐるっと大勢で取り囲んで、
英語が分からない日本人に語りかけている外国人女性たちのヘラヘラ笑って、
馬鹿にしているのに腹が立ちました。

太地町の立場から撮影した動画を見たら
海の番人たちの人種差別的な、蔑視的な、発言や態度に驚きました。
映画とはまったく違う恐るべきイジメがそこにあったのだなぁと思いました。


 
他国にも鯨漁をやってるところがあって、
カナダ、デンマーク、ノルウェー、アイスランドなどです。
そちらの国の沿岸警備隊や警察が政治活動させないのですよ。
日本では公権がそれを許してしまったのです。

それに他国の猟師さんたちは海の番人が近寄ってきたら、
ナタとオノとか魚のヤリみたいので、交戦、、というか追い回すのであります。
たとえ警察に捕まっても緑豆や海の番人に大怪我を負わせたりします。

たとえばフランスの猟師がマグロやカツオの漁をしていのを邪魔したので、
あの魚突きのヤリで思い切り突き刺してきますよ。
海の番人だか緑豆だかは大怪我をさせられました。
だから絶対そこへは行きません。日本へ来るのです。
そして日本は悪い国ということにされてしまいます。


だいたい日本常駐のあの海の番人さんたちは
それぞれブログとフェイスブックとツイッターを持ち
自分の写真入りで、もれなく、東日本大震災のことをつぶやき、
それは鯨の祟り、とか、かわいそうと言いながらも差別発言を
忘れることなく付け加えたのでした。
いやはや、あの映画で寄付金がたんまりで、日本人憎しを広めてくれて、
まったく悪魔のような人たちだと思いました。

他国で同じことをやると猟師が強烈に反撃してくるし、
そこの警察は外国人の政治活動禁止なのでどんどん無情逮捕されます。

日本も外国人の政治活動は禁止ですが、どうなっているのでしょうか。
おとなしいというのも限度ありです。無情に、冷静に逮捕し、入国禁止にすべきです。
東日本大震災で死んだ人を馬鹿にする人たちを無情につるせ!
そう思いました。

初めて知った!
日本は誰も何もしないので、
なんと海の番人どもが常駐して好き放題していました。 

他国の警察や沿岸警備隊は自国民を守るので、
海の番人のつけいる隙はありません。
他国の猟師さんは優しいけど、怒るともものすごく怖いです。

誰も抵抗しないニコニコ日本人たちですが、
やっぱり日本中に怒りの波は広がっているのかなぁと思いました。

先日3月12日に和歌山県太地町の海の番人たちが
チーム関西というグループに追い払われる動画を見ました。
その動画は海の番人側とチーム関西側とたくさんあがっていました。
動画というものは撮る立場によって見方がかわりますね


そしてその中にテキサス親父トニー・マラーノさんの動画がありました。
その動画は英語で詳しく解説されていて、日本語字幕もあって、
その下に無数のコメントがありました。
コメントのすべては実に興味深く、わたくしも激しく同意してしまいました。

【テキサス親父】腰抜けコーヴ・ガーディアン太地町で青ざめて逃げるの巻



鯨を命にかけて守る気概がないのに海の番人なんて、、
映画とまったく違う現実があるんですね。
やっぱり寄付で食べてないで、
海の番人さんたちは若いんだから、
まず皿洗いから、まじめに仕事したほうがいいかも。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-03-20 22:55 | etc. | Comments(4)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ