<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オルガ・オナシスさん

オルガ・オナシスさんというお婆さんがゴミあさりをしているらしい。
f0037264_1833846.jpg

そのお婆さんは大富豪のアリストテレス・オナシスさの従妹でさ、
f0037264_1835821.jpg


生前オナシスの遺言で彼女は死ぬまでの生活費をもらえるわけだったけど、
f0037264_1843587.jpg


オナシスの全財産を相続した孫のオナシスが打ち切ってしまったよ。
f0037264_1844745.jpg



オルガ・オナシスさんはギリシャ経済危機で、年金を減らされ、税金を払い、下の写真のようなこともしなくてはならなくなりました。彼女は大富豪オナシスの従妹にあたります。

生前大富豪のオナシスは従姉兄弟妹たちのために僅かながらも、年金代わりになるような月々の生活費を生涯支払う!という遺言を残しています。それは親戚だけではなく、自分がかわいがっていた使用人たちにも同じです。昔は年金制度がしっかりしていなかったので、自分が死んでも、周りの人が困らないようにといろいろ心配りしていたのでした。意外と知られていませんが、情の厚い人だったわけです。
それを孫娘のアテナ・オナシスが打ち切ってしまいました。アテナはオナシス家の親戚とは付き合いがまったくありません。
オルガさんは何度もアテナに、どうか身寄りのない私を助けてください!と何度も手紙を出していました。しかしその手紙はすぐごみ箱に読まずに捨てるだけでした。そんなことよりもブラジルから牛を購入ことに夢中になっているようでした。
f0037264_18151752.jpg




アリストテレス・オナシスの遺言にはもしも彼の血を引く物で遺産相続者となるの物はギリシャ語を完璧に話せる者だけでなければならない!、、という一文があって、現在の相続者の孫娘アテナ・オナシスとオナシス財団とでもめていたことがあります。

その一文があるのにもかかわらずギリシャ語をまったく習わない彼女の態度、そして彼女のフランス人実父とスウェーデン継母!の養育に対して財団側は疑念を抱いていました。結果的にはギリシャ語ができなくても相続してしまいました。

思うにギリシャ語ができてしまうと不味いことがいっぱいあります。ギリシャ人の親族と新聞雑誌などから、この実父と継母の真実を知ってしまうからであります。元ジゴロ(売春夫)のようにヨーロッパを渡り歩いていた父、その愛人としていつもいっしょにいた元モデルのスウェーデン継母の実態がわかってしまいます。

アテナ・オナシスの母はクリスティナ・オナシスはアリストテレス・オナシスの娘にあたります。
母のクリスティナ・オナシスは結婚と離婚を繰り返していました。大富豪の父がなくなってから、現在の父親となるヨーロッパで有名なジゴロだったティエリ・ルセルと知りあい、結婚し、アテナが生まれたわけです。

ところがこのクソ男には長年付き合っている愛人がいて、同時進行で金と女を楽しく暮らしていました。この愛人をクリスティナの財産で人知れず囲っていたのでした。スウェーデン愛人はクリスティナの知らないうちに二人の娘を産み落としていたのでした。
豊かな生活のためにクリスティナと結婚し、情欲のためにスウェーデン愛人を囲っていました。

この汚れた男の実態がマスコミに騒がれて、クリスティナ・オナシスの知ることになり、手切れ金を渡して離婚したのですが、このクソヤローはカネヅルを簡単に失うようなバカヤローではなかったので、子供をつくったのかもしれません。子供が大人になるまでの養育権を取るために、クリスティナを毒殺し、オナシス家の財産を一網打尽にしようとした!という噂もありました。

離婚後、母親のクリスティナはアルゼンチンで不慮の死(精神安定剤)をしてしまいます。かわいい赤子の娘がいて死ぬ母親はいません。うわさでは元亭主のジゴロのティエリ・ルセルが薬品卸売り会社を持っていてので毒殺という噂が立ちました。

元妻の死亡で、遺児のアテナを手にいれ、オナシス財団からティエリ・ルセルは月々多額の養育費を受け取ることになりました。そのときにはスウェーデン愛人と結婚していて、子供が三人も生まれていました。
なんとスウェーデン女の長女はアテナと8か月違い!
あっちもこっちもはらませ、、もう、、。こういう家族の中でアテナは育ったのでした!

さて、大人になってアテナは父親とまるっきりそっくりの男アルバロという馬術教師と結婚しました。アルバロはブラジル人でそちらの国では裕福だそうですが、大富豪オナシス家の財産に比べれば、もう爪の垢にもならないほどのものでありました。このアルバロには離婚暦があり、その奥さんはこのことで自殺しています。そしてアテナと付き合い始めた頃にはモデルの恋人がいて、子供がいたようですが、このあたりはよくわかりません。まったく持って父親そっくりの男を夫にするというのも母親ゆずりなんでしょうかね、、。

確かにアルバロは金持ちのようなことを言いますが、日本の牛10頭以上飼っていてアパートやマンションを貸している人のほうがよっぽど金持ちとおもいますよ、わたくしは!

アテナが17歳のときに馬術教師になったアルバロについて、元恋人のモデルが言うには「17歳の小娘から言い寄るなんてありえない、彼は口がうまいのね」ということでした。

アテナはこのアルバロと結婚について、父親は大反対しました。やっぱりぴんと来るものがあるのだと思いますよ。その後アテナは父親とその家族への金銭援助は断ち切ったようです。
アテナが「オナシスという名前を捨ててしまいたい!」と言うのでしたが、ちょっとまって!そんなことをいうなら全財産を寄付してから大口たたきなさいよ!と言われたりしたのでした。

アテナが打ち切ったオルガ・オナシスさんへの仕送りは当時は300ユーロに満たないと聞きました。そんなお金はアテナの朝のコーヒーより安いのだと、オルガさんの手紙を訳したいたギリシャ人が言いました。

アテナ・オナシスの祖母の名前はアテナ・オナシスと言い、大富豪アリストテレス・オナシスの元妻でした。その後この祖母はオナシスのライバルのニアコスと結婚しました。このニアルコスの前妻が祖母アテナの姉に当たる人でした。古い話ですが、あのパリス・ヒルトンと浮名を流したギリシャ人大富豪パリス・ニアルコスという人はその一族の人です。この若いアテナ・オナシスとは血が繋がっています。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-09-26 20:07 | 世間話 | Comments(8)
トラキア地方のサモトラケ島からアレキサンドルポリに上陸して、マケドニア地方に移動する途中のネストス(Nestos)で、川遊びをしていたわんちゃんを発見しました。このわんちゃんはほかの同僚わんこたちとワゴワゴと話をしていましたが、そのうち川に入って遊び始めました。
ネストス川にいたわんちゃんたちは羊が小屋に戻ったのを見計らってやってきたようです。
ネストス川というのはトラキア地方のクサンティ県とマケドニア地方のカヴァラ県の間を流れています。この川の川源ブルガリアにありそこを流れてギリシャに入ってきます。ブルガリアではメスタ川と呼ばれているそうです。

歴史家ヘロドトスによるとネストス川にはライオンが棲んでいたんだって。
f0037264_1723268.jpg


良かった、ライオンがいなくてさ!もう羊さんのお世話で疲れちゃった。
f0037264_1735377.jpg


なんか高速道路に車を止めて、、ボクを呼んでる変な女の人、、変!
f0037264_1741094.jpg


普通の人は高速道路で車なんか止めたりしないから、基地の外かもな。
f0037264_1743092.jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-09-12 17:22 | etc. | Comments(4)
ギリシャのトラキア地方のトルコとブルガリアの国境あたりを歩いています。
エヴロス県のアレキサンドルポリ市のトルコ国境のエヴロス川の北から南のホテルは空き部屋がありません。アレキサンドルポリ市を含めて国境沿いの町のホテルには警察官の宿舎と化しています。
トルコの通過してやってくる不法入国者たちが多いので、治安維持?にあたっているらしいです。
やっとこ見つけたホテルのコーヒーショップにけっこう機敏そうな男の人たちがいて、何だろう?と最初は思いましたが、警察官の皆さんでした。

エヴロス県のアレキサンドルポリ市から北上して、ディディモティホ(Διδυμότειχο)という町に来ました。その町というか、村の入口付近にエリスロポタモス(Ερυθροπόταμος=紅い川)が流れていて、そこで豚さんたちが集って楽しそうに川遊びをしていました。その様子を眺めながら、心和むひとときを過ごすことができました。

このようなのどかな風景に豚さんたちを発見して感動しました。 
f0037264_6411100.jpg


豚さんたちは豚さんたちの社会で暮らすのが幸せです。
f0037264_644262.jpg


豚さんたちはブヒブヒ大声でおしゃべりをします。
f0037264_654120.jpg


かわいいですが、いつか食べられてしまうので、複雑な気持ちがしました。
f0037264_651699.jpg


アテネの自宅に戻るのは9月の中旬位になる予定です。
マケドニア→トラキア→イピロス→イオニア諸島の予定でしたが、
イピロスとイオニア諸島は中止して、サモトラケ島とタッソス島に変更したいと思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-09-05 06:55 | etc. | Comments(6)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ