<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今、キリア(マダム)は旅行中だってさ。
f0037264_17195945.jpg


レフカダ島へ行っているんだよ、そのあとイタキ(イタカ)島へ行く予定。
f0037264_17202619.jpg


レフカダ市内で浴衣を売る店を発見したんだって!驚き!
f0037264_172050100.jpg


レフカダ島というのはレフカディオス・ハーンの生まれたところです。
ラフカディオ・ハーンともいうけど、、。小泉八雲が日本名ですね。
ラ(La)とレ(Le)の違いがどこにあるのか、、
たぶんアイルランド→イギリス→アメリカ→日本へ動く途中のアメリカで変わったのかな?
Leの発音はアメリカではリLiとなるのからLaに変えたのか?
なんだかよくわかりません。
父親がアイルランド人のハーン氏で母親がギリシャ人です。
彼は自分のギリシャ名のほうを使用していました。

彼の家はレフカダ島に今もありますが、誰かが住んでいます。
レフカダは古代レフカスがあった場所で、のちに地名がレフカダとなりました。
レフカスの意味はレフコス(白い)の意味が含まれています。

レフカダの町中に、たぶんミトロポレオス通りか?に浴衣を売る店がありました。
感動しました。帯はなかったですが、本物の浴衣でした。
店主はフランスの女性です、たぶんご主人がギリシャ人なのでしょう。
彼女がいうには日本人女性(名前は忘れました)がデザインしたスカーフが毎回完売してしまう話をしていました。
レフカダは田舎の島と思いましたがトンでもありませんでした。肩と肩がぶつかるくらい観光客がいました。
寂れたような美しい海岸と思っているところには、イモ洗いのように人がいましたよ。北欧、南欧、イギリス、ハンガリー、チェコ、ブルガリア、ロシア、旧ユーゴで、驚きました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-08-24 17:37 | etc. | Comments(2)

店番をしてる犬

やれやれ夕方の8時くらい。やっと涼しい風が吹いてきたっすね。
f0037264_1373025.jpg


また着物の話で恐縮です。
今、ちくちく、お針をしています。帯締めを作ろうと思います。絹生地を細長く切って、紐のようなものを縫います。そしてその中に紐と同じ長さの極太の毛糸を6本ぐらいを引っ張りいれる方法でやってみます。帯揚げと帯締めはそれぞれ10本くらい持っています。

それから以前に知り合いの方からインド製の絹とかポリエステルでできた細長いスカーフ「帯揚げに使って!」ということで、黄緑とオレンジをいただきました。そういうの物もいい具合です。

着物とはギリシャ語文字ではκιμονόと記述します。この言葉をグーグル検索に掛けて、画像を出すと、ギリシャ人でマダム・バタフライを演じた方の着物姿の写真が出てきました。
http://www.iefimerida.gr/sites/default/files/ge4.jpg
http://www.iefimerida.gr/sites/default/files/ekh_2.jpg

ほかにもうひとり女性がいました。折り紙をやっているギリシャ人女性が襦袢なしで振袖を着ていて、その帯は後見結びの作り帯でした。そうかぁ、これでもいいと思う、ここギリシャだし!と思いました。

 
皆さん、外国の人は老女であろうといろいろな着物を見たあとで、絶対に振袖着る!と言いますよ。
日本人の感覚で、年齢問題を言っても、それは理解不能と思いました。
着物での国際交流で、どこかの西洋人の国の小さな町の名士の奥様方の着物姿を見ました。皆さん当然のような顔で振袖を着て並んでいました。たぶん60歳くらいですけど、なんか、楽しそうに日本の人に着せてもらって喜んでいました。振袖というんは若い人が着るもの!ということを即座に言うのは失礼になります。それを分るのは着物を極めた外国人にしかわからないことなのです。それに年齢のことなどいうのはたいへん失礼になります!、、そういうことなので、わたくしは小振袖などを、図々しく着てみようと思います。

それから英語で英語圏の女性が「たて矢結び」の仕方をユーチューブでやっていましたよ。前で結んで後ろへまわすやり方でした。えらい!です。本格的で感動しました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-08-19 02:00 | etc. | Comments(2)
夏は暑いので活動停止したくなるのは人間も同じです。
f0037264_4462843.jpg

 
エアコンのない生活、このノラちゃんたちには無理!
f0037264_446489.jpg



  
朝のうちに涼しい部屋で着物の整理をしました。やはり時々は着物を出して虫干しは必要です。本日は八枚の着物の写真撮をしました。わたくしは大したものは持っていませんが、大した数の着物を持っています。

小紋二枚
黄色地に白と朱の梅
黒地に桜模様
f0037264_4473446.jpg

黄色地の小紋の胴裏にアクが出ていました。表地に異常はありませんでしたが、
まったく着ていないのにアクがでているのですよ。
アクが出るのは明るい染料の着物に多いように思います。


付下げ訪問着二枚
赤桃色地に白と黒のこぶしの花の手描き。
薄橙色地に花と本をあしらったもの。
f0037264_4475654.jpg

赤桃色の襟のところのシミを発見してショックを受けてしまいました。たぶん食べこぼしかも、、。
ギリシャの従兄弟の結婚式でずっと前に着用しました。丸洗いに出さないと、、日本へ帰ったらしたいと思います。しかし、まぁ、このような色味の着物を着ることもないと思います。

小振袖二枚(きもののやまと)
えんじ色の付下げの袖丈が60センチ以上。
灰色の小紋の袖丈が60センチ以上あって、朱色の伊達衿付。
f0037264_4483178.jpg
  

上の二枚の着物は身長165センチくらいの人も着ることができます。幅もあります。まぁ、自分では着たことがありませんが、他人に着させてことは何度もありますこの二枚の着物はギリシャで何度も他人には着せてあげたことがあります。

紬と小紋
黒地の紬の絣模様 
薄緑というか水色地に花模様 
f0037264_4485092.jpg
  

黒の紬は袖丈が短く45センチ以下のようです。動きやすいように作ってありますが、まだ着たことがありません。一度も着ていないのに衿の裏生地に穴を発見してショックを受けているところです。
小紋は友だちからの頂き物です。わたくしが着物が好きだからということで、ある日「はい、あげる」と手渡されたものです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-08-16 04:49 | etc. | Comments(4)
ボクは午前中はモナステラキ駅にいて、、
午後はエルム通りの冷房のきいお店の玄関にいるよ。
f0037264_2113923.jpg


花嫁衣裳の打掛と掛下です。
左の打掛は京都の北野天満宮の古物市で購入したものです。古物市に出展していた呉服屋さんは着物の販売とレンタルをしている方だそうで、北野天満宮だと、外国人観光客の方が購入してくれるので、レンタルで古くなったものは、或いは人気がなかったもになどを置いていました。
右の掛下は花嫁用の大振袖です。普通の振袖と違うところは、すそ引きができることです。すそのところに綿のようなものが入っています。これはわたくしのふるさとの県庁所在地のあるところの着物やさんで購入しました。ギリシャに持っていくといったら3000円ほど安くしてくれました。その着物やさんは古着屋さんではなくて、普通の呉服屋さんで、レンタルもやっているので、ときどきレンタルしていた着物を処分するようです。里帰りしたときに、足袋を購入するときに、一緒に購入してしまいました。
f0037264_21152142.jpg

わたくしは着物の柄は鶴や波や流水のあるものが好きです。
なかなか思ったものにはめぐりあえません、、というか、ギリシャに住んでいるからしょうがないです。
わたくしは大したものは持っていませんが、大した数の着物を持っています。
そしていろいろと着物の購入には思い出があります。

下の振袖もいろいろな思い出があります。下の振袖は着付けの教材として使用していました。
f0037264_23343782.jpg

わたくしが成人式に着たものは赤の総絞りの大振袖でしたが、わたくしのものではありませんでした。

大して見るべきもののないわたくしの着物コレクションですが、
これで展示会ができれば!と思います。いつやるかは決めてはいませんが、
まぁ、ギリシャ語の説明書きができないとね。
誰にも着物を借りずに自分のものだけでやるのは気楽です。
箱の中から着物を出して、部屋の中できものハンガーに掛けて、写真撮影をしています。
かわいい、クールの原点は着物!とわたくしは思っています。
絹の着物、柄、小物、草履、下駄、足袋、根付、扇子、うちわ、、。

古いベージュ色の小紋2枚 
花模様(上) 時代人の小紋柄(下)
f0037264_385259.jpg


こげ茶のお召しと濃紫の付下
こげ茶のお召しはほぼ100年もので、織物で雲の模様を付下と同じように配している。(上)
濃紫の付下は 撫松庵のプレタポルテ。折鶴・花・水玉。(下) 
f0037264_326273.jpg


わたくしが着物展示会をしてみたいと友だちに話したら、
使わないからこれあげる!ということで、
その方から和装バッグと正倉院の布の復刻版2枚と超上等な手ぬぐいをいただきました。
ああ、、うれしいで~す。
いつかでここに紹介します。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-08-13 21:37 | etc. | Comments(0)
ハスキー君にぶつからないように尻尾で感覚とって座るんだ。朝のうちはここ。
f0037264_2135992.jpg

午後は冷房の効いた大型店前に移動するつもり。野良は日中は活動中止だよ。
f0037264_21361673.jpg


厳しい境遇を生きているノラ君たちのほうが人よりも幸せそうな顔をしています。野良犬だって大変だと思うのですが、いったいどうして、このような穏やかな微笑みを浮かべられるのでしょう。

駐車違反をしてしまいました。車の後ろのナンバープレートを持っていかれました。そして80ユーロ払います。そのうえ、ナンバープレートは20日後に渡してくれるのだそうで、、なんというか、、何で、ナンバープレートを外すの? ああああ・・・やだやだ・・・。20日間どこへも行けません。

自宅に20日間いることになり、今、着物のギリシャ語訳をやっています。まったくもう、何がなんだか分らないまま訳しています。間違いは家人に指摘してもらうことにしました。

アテネ着物会を創設しました。わたくしが、申し訳ありませんが、会長ということで勘弁してください、、と言っても、会員なんていません。一人クラブです。入会したい方、お待ちしています。
ほんとうにもう会長がわたくしで御免!という感じでありますけど、、。

着物は大したものは持っていませんが、大した数を持っています。その一枚一枚に説明をつけています。
二枚ほどアンティークな着物もありますが、わたくしのですから大したことはありません。

着付けは初級くらいのハクビの免許を持っています。でも着付けを忘れました。他人には、太鼓結び、銀座結び、二重太鼓結び、文庫結び、ふくら雀などは、ちょっと教科書を復習すればできます。
問題は自分に着付けすることです。前で結んで後ろへまわす方式でやっています。後ろ手に帯を結ぶことはできません。

ショックなことがありました。着物が小さくなりました!もう困りました。
それからオバサンですが振袖も着たいなぁ。明治大正の着物を調べていたら、ミセスの第一礼装である黒留袖が65センチもありました。ちょっとした小振袖ですよ。昔の人のほうが結構楽しそうに着物を着ていました。それに明治大正の着物の柄がとても奇抜で、垢抜けています。ああ、またほしくなりました。アンティークな着物のサイトを見てため息をついています。

アテネ着物会はテキトーなので、会員になりたい方はハンドルネームです。
心の会員も募集しています。わたくしも着物会のハンドルネームを考えています。
ギリシャは暑い国なので、まぁ、10月になっても浴衣がちょうどかもしれません。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-08-06 21:51 | モナステラキ | Comments(2)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ