ノラちゃんのギリシャ!時々着物

agapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

風の塔のアルゴは野良猫たちの食事風景を眺めて和んでいる。 
f0037264_18091947.jpg

遅れた来た黒猫君はアルゴの友だちで、猫給食の席を探している。
f0037264_18093231.jpg

このごろ外に出たら、寒い。いつの間にか半そでが少なくなってしまった。
まだ半そでの人もいるのだが、夕方から寒くなるので、ジャケットが必要になった。
嗚呼、時のたつのは早過ぎだ! 
だれか時間をぐるぐる巻きにして進めているのかなと思うくらいだ。

ワタシは半そでシャツの上にパーカーを着ることにした。どうも化学繊維は苦手である。
衣料品には綿が何パーセントか入っているか或いはウールが何パーセントか入っていると安心する。ポリエステル100とかアクリル100は安くて美しいのだが、特に静電気が出るので、恐ろしい。
身体に電気が走るとちょっと痺れでびっくりしてしまうのだ。
冬のコートとか、ウールだと重すぎるし、裏地は絶対ポリエステル。 
まぁ、暮らしに工夫をして生きていくしかない!

そろそろ作務衣縫いをしたい。
わたくしの場合は甚平の型紙で長袖長ズボンにするだけなのだ。
生地は厚手の綿で、薄手のデニムで作りたい。

-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
[PR]
by agapi | 2015-10-26 18:38 | 野良犬のアルゴス | Comments(4)
キノトスの岩斜面を歩いていたら洞穴からヒツジが三匹出てきた。 
f0037264_17420153.jpg

ヒツジなのに怖いヒトたちだ。ここは古代ギリシャの泉跡なのだ。
f0037264_17421455.jpg

洞穴が三つあるのだが、ほかの二つにも獰猛なヒツジがいそう。
f0037264_17424977.jpg

ほかのヒツジたちはこれこのように集団行動しているのだ。
f0037264_17562956.jpg

この近くのヒツジ集団はペズリという石垣の陰で休んでいる。
f0037264_17540278.jpg

写真の中のヒツジ集団の場所がおわかりだろうか?
f0037264_17430201.jpg

このヒツジたちを管理総括するワンちゃんが一匹でがんばっていた。
f0037264_17591193.jpg

やさぐれヒツジたちが三つの洞窟に三匹ずつ棲み暮らしている。
f0037264_18001241.jpg

ワンちゃんはやさぐれヒツジたちと穏やかヒツジ集団を見張ってる。 
f0037264_18002645.jpg

ここに水道はない。古代の泉からヒツジ用飲料水を汲んでいるのか?
f0037264_18342097.jpg

このワンちゃん、わたくしがヒツジを誘拐するのではと心配していた。
f0037264_18310743.jpg

-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
[PR]
by agapi | 2015-10-25 20:40 | キトノス島 | Comments(2)
ヤギの顔は穏やかでいつもにっこり笑っている。
f0037264_23352138.jpg

しかし接近するのは禁物。何しろ角あるし。動物だし。
f0037264_23352935.jpg

牧童さんもいないし、牧羊犬もいないのに、チームワークがいい。
f0037264_23354605.jpg

それにみんな好きなもの同士でグループを作っている。
f0037264_23363324.jpg

なんとなく眺めていたら、ヤギさんたちもこっちを眺めていた。
f0037264_23364968.jpg

とても美しい顔をしたヤギさんたちだけど、角あるし。
f0037264_23371437.jpg

ヤギさんたちを後にして、トコトコと文明を目指して歩いた。 
f0037264_23372304.jpg

【適菜収】おはよう寺ちゃん 活動中 2015年10月23日回 


075.gif哲学者で作家のテキナさんのお話
一億総活躍ではなく馬鹿を活躍させない社会を望む。
馬鹿というのは価値判断ができない人のことで、
知識がある人のことではない、、なんか笑ってしまった!  
活躍してはいけない人が出てきてしまう社会を作らない。
ゲーテいわく、活動的な馬鹿は困る、という。
民主主義というのは、ソクラテスの一人の意見と泥棒二人なら、
泥棒二人の意見が通ってしまう。
世の中がうまくいかないのは勘違いしている人たちが活躍しているから。
何が面白かったかというと、政治家が呼び捨てだったこと。
わたくしとは政治思想がまったく異なるのだが、 
なんか、、好感を持ってしまった!
それから、これ、
あの、新大臣の中に下着泥棒疑惑のタカーギがいるとか、、
パンツというものは買うもので、盗むものではなく
そしてパンツは穿いているもので、人前で脱ぐものではない、
これが過去のことだとしても、正しい判断ができないということ。 


075.gifわたくしはB層
ああ、わたくし、毎日、食って寝る、ときどき遺跡を求めて山を歩き、
人前には出ないようにしているので、自分自身を良く知っている。
価値判断もできないし、知識もないので、人生は毎日は15メートル以内で、
静かにしている。外に行くのは週2度だけ。価値判断を誤っていない。
夏休み、冬休み、復活祭の春休みは、毎日歩く。一日中歩く。

汝自身知れ、なので、チームワークでの活動はしない。
すべて個人活動のみ。動物つながり読書つながりの人間関係はある。
あまり深く考えても価値判断ができないので、
自然とぼーっとしていて、考えていたことを忘れてしまう。


083.gifB層の意味
ニコニコ大百科によると
A層 職業:外資系、医師・会計士など専門職。
民営化(小さな政府)方向への必要性は感じているが、これまでの実例から鑑みて批判的な立場を取っている。
エコノミスト、大学教授、マスメディア(テレビ)、勝ち組企業、ホワイトカラーなど。IQが比較的高いとされる。 
D層 職業:経営者、商工会・建設業など自営業者。
構造改革に否定的で、IQが比較的低い層。
既に失業などによる痛みを受けているため構造改革に恐怖を感じている層で構成されている。 
C層 職業:教師、公務員、上場企業正社員。
構造改革抵抗守旧派。IQ(EQ・ITQ)が比較的高く、構造改革に否定的。
これ以上の分析は無いとされる。 
B層 職業:主婦層、若年層、シルバー層。
IQが比較的低く、構造改革に中立的および肯定的。
主婦層、若年層、高齢者層、具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する層など。
IQの語を引き合いに出して国民を分析しているため、“支持層や失業者など主権者である有権者を頭が悪いと馬鹿にしている”、”IQの持つ本来の意味を「頭の良さ」と結びつける前時代的誤解に囚われた表記だ”と批判もされている。

075.gif上記の意味で考えると
なんかもう誰かをB層と呼ぶのはいけないと思う。
わたくしはB層なので、聞き捨てならぬとちょっとは気にするが、
ちょっとなので三歩歩いて忘れてしまう。
芥川龍之介が「朱儒の言葉」で書いておられたのだが、
「阿保は自分以外をことごとく阿保と思っている。」
確かそのような一文があったと思う。

-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
[PR]
by agapi | 2015-10-24 02:02 | キトノス島 | Comments(5)
アテネのエルム通りの下着屋さんで入口で惰眠をむさぼるノラオ。
f0037264_17360645.jpg

このノラオの昼寝をだれも問題視してはいないし、相手にもしない。 
f0037264_17363511.jpg

大都会の孤独、みんな一人でも頑張って、生きているんだろうなぁ。
f0037264_17335128.jpg

 
なんかもう世の中、中東情勢とか、経済危機とか、リコール問題とか、プロパガンダ(嘘宣伝)とか、、、これマジキチだと思う今日この頃である。
マジキチとは?マジキチというのがときどきネットで書かれているのだが、なんだろうと調べた。
weblio辞書…「マジで気違いじみている」の略。理解の及ばないほど狂気じみた様子などを評して言う表現。インターネットスラングの一種。 
 
最近の最も面白かったというか驚いた情報なのだが、プーTINが入れ替わっているというのだが、何ががどうなっているのか、なんとなくそうかもしれないと思ってしまう。生きていくって、自分がしっかりしていても、世の中の状況の変化で、無力化されることもあるのだと思う。困ったもんだわ。グーグルで調べてみてね。信じる信じないのはあなたの自由と思う。プー○ン、元夫人、偽者、の言葉でググると出てくるかも。○の中には、チ、を入れる。
わたくしが読み込んでしまった記事→ プーTINの元夫人の話
 
-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   
 
 
[PR]
by agapi | 2015-10-15 18:30 | シンダグマ広場 | Comments(5)
ひさびさに風の塔のアルゴに会いに行ったら昼寝をしていた。
f0037264_21111251.jpg

アルゴのうしろに野良猫少年の黒君がいた。一緒にグースカですわ。
f0037264_21114042.jpg

風の塔は八角塔で修復中。八面体にその方向の風の神のレリーフがある。
f0037264_21121977.jpg

 
-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   

 

こんなビデオを見たのだが! シリア問題
[PR]
by agapi | 2015-10-07 21:29 | 野良犬のアルゴス | Comments(6)

ロバのどんぶり

シフノス島のカステラの町でロバのどんぶりを買った。
ほかに気に入ったのはキリンさんのどんぶりもなかなか良かった。
どんぶりのうしろにミハリスという名前が刻まれていたので、
シフノス島の住む陶工のミハリスさんが作ったんだなぁと思った。
ふうむ、とすると、作家物ということ。
f0037264_18592237.jpg


わたくしはこれで普通にいろいろなものを入れて食べてみる。
結構楽しい。食べ終わった頃にロバが見えるのが面白い。

f0037264_19565348.jpg

そのお店の名前は Passe - partoutというのだが、どう読むのかわからない。
ホームページはここ →Passe - partout
f0037264_19564204.jpg

住所 Passe - partout Kastro Sifnos  p.c.84003, p.b. 220 Greece
tel : 22840 31 158 e-mail : passe-partout@hotmail.gr
open : 09.30 - 14.00 & 17.00 - 21.00
 
どんぶりの思い出
わたくしは赤塚富士夫の天才バカボンが好きだった。まぁ全巻を読んでいるのだが、ストーリーを全部は思い出せない。
バカボンのパパがどんぶりを持っていて、ほかに誰かが益子焼の茶碗を持っていた。
パパはどんぶりを「どんぶりの父ちゃん」と呼んでいた。そして近所の人だったか、その人が益子焼の茶碗を「益子焼の益子ちゃん」と呼んでいた。そこでパパはいいことを思いつく。
そうだ、どんぶりの父ちゃんと益子焼のましこちゃんを結婚させよう!
、、、まぁ、そんな感じのどうでもいいのか、或いはすごく面白いのか、よく分からないが、そんな場面を思い出したのだった。

わたくしはどんぶりのロバ君と呼ぶことにしよう。

-- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   

  
[PR]
by agapi | 2015-10-07 20:34 | シフノス島 | Comments(4)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ