<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レスボス島の勝手に散歩を楽しむ馬ちゃんたち


レスボス島の普通の田舎の道路で三頭の馬ちゃんたち。
f0037264_17563429.jpg
 

足音がポカポカなんですわね。のどかなリズムが山に響いて眠いなぁ。
f0037264_17565339.jpg
 

この馬さんたち、別に野生でもなく野良でもなさそう。
f0037264_17571173.jpg

下の写真はレスボス島の中心地のミティリニの町である。
この地はロンゴス作「ダフニスとクロエ」の舞台になったところである。
 
f0037264_15492227.jpg

ダフニスとクロエの話をもとに三島由紀夫の「潮騒」ができたという。
さて写真の中世のような城は長い歴史がある。古代。ビザンティン、その後の中世、トルコ時代、いろいろと遺跡があるのだ。
この城壁の中をぜひ見学をしたいと思っていた。ここに古代ギリシャ宗教家であるわたくし(冗談)はデメテールとコレー神殿に参拝したかった。コレーというの娘のことでぺルセポネのことを言う。でメテール女神は五穀豊穣の女神である。
なんとその神殿には基礎部分と、古代に使用されていたと思われる大理石の廃材が残っていた。要はこの神殿は破壊されて、上にキリスト教教会、さらに破壊されてモスクとなっていたのだった。現在は上物はなくなって、基盤はデメテール神殿のものが見え、大理石廃材も残っていた。まったくもう、神様、ごめんねと持った。

ところでこの城壁外側周辺を歩いていたらたくさんの自称難民の人たちがうろうろしていた。城壁内は有料なので入らないのだが、外側にたくさんいて、海側のボロボロの遺跡からひょこっと出てくる。一人かな?と思ったら、八人も出てきた。

なんでもレスボスにはホットスポットという難民がキャンプが三か所もある。世話になっているのに、真夜中に難民同士でけんかをして、シェルターというか簡易住宅に火をつけて火事にしたという事件があった。またシリア人とアルジェリア人が大ゲンカ、、これはキャンプ内のこと。しかしなんでアルジェリア人がいる? 難民手パキスタン人とかバングラデシュ人が多すぎ。それにアフリカ大陸奥地の黒人系の人も多い。それって難民じゃないんじゃないの?と思う。

トルコの海岸からわず1時間でギリシャの島にやってくる。なんか真夜中のボートで来た難民がいて、海に落ちて死んでしまった数名を助けなかったのが許せいないと、真夜中に暴れて、路上の車2台を燃したとかいう話を地元の人から聞いた。その難民はもちろんシリア人ではない。出身国家によって、心の荒れ具合が違うようだ。


それから子供の頃にツ反というのを受けていない国の人が多く、結核のポジティブ?の人が多く、回し食いの習慣で肝炎も多いらしい。そしてそのような病気があるということも自覚していないらしい。ほかの人に迷惑になるという自覚もないのだ。そのことを言うと暴れるというか、予防接種という概念もなく育ったのであろう。ちなみにシリア人にはそのようなポジティブな人はほぼいないようだ。

で、なんでう難民がろうろできるかというと、難民キャンプに入れておくとストレスになると、国境なき支援組織の圧力なのだった。
国境な記医師団とか国境なき支援組織というのは、組織上の人たちにとってはビジネスらしい。

この周辺を散歩しているときNGO(国境のない支援団体組織)の無報酬ボランティアのカナダ人の女の子とあった。一応無報酬のようなのだが、湯水のような支援金が国連やソロス氏から流れて、どんどん難民でもない人も世話して、アテネに送ってくる。NGOもトップの人にとってはビジネスなのだそうだ。
ギリシャが難民に甘いとかいうけど、確かにそうだが、それだけでもない。

この難民に対して反論し、受け入れないと、支援組織によって、ギリシャ人はいじわるするだの、金を出さないなど言われるらしい。ヨーロッパで難民を受け入れたくないといっても、このNGOの上の人たちによって、マスコミに勝手な情報を流されることもあるので、いろいろ難しいらしい。
なんかNGOの愛と平和の精神で、行われているらしいので、ギリシャが難民を送っているわけでもなく、NGOの働きかけもあるし、なんだかなぁと思う。
ギリシャのトップがダメと言っても、その上の国の人が受け入れたいというのを信じて、自称難民がどんどん来ているのだ。

 
レスボス島は観光地の城壁の内側は有料なので安全である、そして美しい町のモリヴォスやエレソスは静かで、難民は行かない。わたくしはカロニというところに宿を取っていたので、のんびりしていた。中心地のミティリニの町の海岸沿いでは難民を見かけた。まぁ、観光するにはそれほど怖くもない。
わたくしはまたレスボス島に行きたいなぁと思っている。まぁ難民キャンプがあっても場所が違うので、のんきで悠久の日々を送ることができた。また行きたい!
レスボス島の方は親切な方ばかりでした。



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

[PR]
by agapi | 2016-09-27 16:41 | レスボス島 | Comments(10)

レスボス島の化石の森のノラオが日時計状態


レスボス島のシグリにある化石の森の入口看板。
f0037264_17013947.jpg


まぁ、鬱蒼とした森ごと化石になったわけでもない。
f0037264_17031478.jpg


超古代の森の木が化石となってあちらこちらの岩山に残っている。
f0037264_17060815.jpg


このようなっ化石となった切り株を全部見て歩きたいのだが灼熱過ぎ。
f0037264_17325642.jpg


化石の森の看板下のノラオが太陽の動きとともに寝場所が移っていた。
f0037264_17335539.jpg

 
レスボス島のシグリに化石の森があるというので見学してきた。ノラオがいたので、猫カリカリをあげたら、
ノラオはよく食べた。水も上げた。手持ちにプラスティック容器に水を入れた。
ノラオの周辺を見たら、ノラオ専用のスチール製のお皿があったので、ひょっとしたらここに住む留守番犬かな?と思った。 

サッポーの生誕地古代エレソス(スカラ・エレソス)

f0037264_04555042.jpg

レスボス島は女流詩人サッポーが古代エレソスが生まれたところである。エレソスの海岸地区はスカラ・エレソスというところに古代アクロポリスがあるので、行ってみた。スカラ・エレソスは風光明媚な海岸の村で、そこに住む人たちは純朴なギリシャ人で、村人状態なところなのだ。
夏になるとそこへ世界中の女性のカップルがやってくる。結構ご高齢のカップルが多かった。別に違和感もない。穏やかな方たちである。
海岸のカフェテリアやレストランは女性カップルもいるが、少数はの男女カップルや家族連れもいた。そして村人たちはもう慣れていて、非常にのどかなところで、穏やかに時間が過ぎている。ゆっくりできるところだと思う。
f0037264_04524438.jpg

レスボス島でわたくしが気に入っているのはスカラ・エレソスとモリヴォスである。
なんか、誘われたのだが、9月15日から17日頃の満月の夜を挟んで、映画とかいろいろ、海外の女性カップルたちによるフェスティバルがあるらしい。村人も家族も男性も子供も猫も参加可能らしい。詳細がよくわからないのだが、時間がなくて行けない。レスボス島は広くて、遺跡を見るのに。車で行って歩いて、へとへとになって、寝てしまう。

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

[PR]
by agapi | 2016-09-15 04:58 | レスボス島 | Comments(8)

ノラオが空腹だと言うので、


ノラオはものすごく空腹過ぎて、足もふらふら。
f0037264_17251461.jpg


猫食を何匹分も食べた。ゴハン係の人に会えなかったみたいだった。
f0037264_17331589.jpg

なんかもう時間を守らいなノラちゃんというのは社会人ワンコとして失格だ。
水もたっぷり飲んでくれたので、さらにミネラルウォーターを3本購入した。
猫食を何匹分も食べ、そして猫たちの食べ残しも食べた。

さて右手の調子は良くないが、これからレスボス島に向かって出かける。
9月20日にリハビリの予約をしているので、それまでには戻るつもり。
レスボス島の遺跡を見に行くのと、タラソテラピーと、温泉と、いろいろ。


 にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ  
 
[PR]
by agapi | 2016-09-03 20:47 | プラカ | Comments(6)