<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ケファロニア島フィスカルドのブテッィクと目から鱗な話

ケファロニア島にフィスカルドの海岸に観光客用のブティックやお土産屋さんがある。まぁギリシャのどこの島でもそうだが、なにかこう、ある意味、センスがあるような感じがする。フィスカルドは小さな港町で人口が300人に満たない。
楽しみなのは手作りアクセサリーやさんへ行くこと。

店先の路上にはマネキン人形が2体飾られていたのだが、なんか、不思議と存在感があふれている。こういうのを買う人がいるのかな?と思ったら買ってる人が結構いた。今年はトルコの美しい海岸やエーゲ海の島々(ロードス、コス、サモス、ヒオス、レスボス)は難民や不法移民問題があるので、イオニア海の島々がごった返していた。
f0037264_20582976.jpg

別に上の写真の衣類が欲しいとか思わなかったけれど、一応写真撮影した。
すぐ売れて、次に下の写真のような不思議な衣類を着せられて立っていた。

こういうのを買うのかな?特に左側のドレス!と思うが、
けっこう外国人の観光客に人気で、不思議なセクシー系ドレスが店内にあった。
こんな田舎にこんなドレスが、、目から鱗、、。
もちろん村の女性は買わない。これ来てウロウロしたら、あーた、村八分。
昔ロードス島のファリラキ村のナイトクラブやクレタ島のマリア村のバーに
こういうドレスを着たアングロサクソン系の子女をたくさん見たけど、
今はどうなのかなぁ、、と思う。
f0037264_19110670.jpg
 

何か好みのものがあったら買ってみようと思った。
ギリシャのコットン系シャツが欲しいと思っている。
昔ギリシャ製の買ったきりだけど、なんかあれば、、。
f0037264_20154590.jpg


ギリシャ製コットン衣料が店の前に来た。
白い長袖シャツに白い長ズボンがほしいのだが、なかった。
f0037264_20160667.jpg


この赤いシャツがとてもステキだったのでほしかった、。
自分のサイズを店の人に言ったのだが、売り切れだった。
この赤いシャツは5XLのオトコサイズ。
f0037264_20164651.jpg


目から鱗、、デーアイケーは飾り窓な話


偶然に見つけてしまった動画。
なんか面白かったので聴きこんでしまった。
いやぁ、世の中、なんだか、いろいろな視点があるものだ。
わたくしの考えていたことはなんて幼稚だわ。
付き合いがドドドドドのドシュフばかりだし。
真実はどうあれ、目から鱗、な感じ。 
村西監督の言論は素晴らしい、ナイスですね!

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
by agapi | 2017-10-29 04:35 | ケファロニア島 | Comments(6)

ギリシャで着物の話をちょっと、、。

着物が大好きだったけど、
いろいろと体調が良くなくてずっと何もしていなかった。
自宅の着物部屋でいろいろと着物コーデをして楽しんでいたこともある。
油断していたら、身体が横に拡張して、着物が回らなくて困った。
痩せると決断したけど、痩せない!着物にわたくしが入らない。
f0037264_18184793.jpg


小さな会場で飾りつけはわたくしの一人でやる。
そして着物用ハンガーは自作する。
ホームセンターで、半径1.5ミリの丸型の棒135~140センチを使い、
その中央あたりに2箇所の紐をつけて上から吊るす。
着物と着物の間は棒の長さと同じにしたい。
ボディーもあるので着せつけてディスプレイをしたい。

f0037264_02075055.jpg
 

残念ながら男物の着物はない!
まぁあるのは未使用の作務衣と吉原つなぎの浴衣だけ。
男の着物が外国人の男性たちが普通に着たいという動画を見つけた!
 


最近日本に住んでユーチューバーやっている外国人が多いので驚く。
たくさんの方が日本紹介をしている。
また日本観光の中に京都で舞妓さんや芸妓さんや花魁の化粧と衣装のパックツアーがあるようだ。また着物で日本
の観光地を歩いている動画などもたくさん見た。
わたくしも日本的なことをもっと勉強をしておけばよかったなぁと思っている。せっかく日本に生まれたのだからね。

それからデニムの着物というのがあって、男性のデニム着物姿がかっこいいね。
 
撫松庵デニム着物ページのずっと下に普通に中高年が来ているのが素敵
確かに着物男子かっけーんです!ページのずっと下に着物男子たちが素敵!

洗濯も簡単で、わたくしも欲しいと思った

黒のハイネックシャツの上に着物を着て、短めに来て、黒ブーツと黒手袋で、歩いてみような?
 
- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
by agapi | 2017-10-19 03:11 | 時々着物 | Comments(4)

久しぶり、、そして恋するフォーチュンクッキー

皆さま、お元気ですか?

わたくしはまぁまぁ体調が良くなりました。

腰痛と右手の骨折の不具合及びPCの不具合で

このブログを留守にしていました。




ケファロニア島の話

やっと帰ってこれた。そしてPCが動くようになった。
このブログは長い不在のため更新できなかった。

それからわたくしはPCやスマホなしで、、ずっと遠くへ行った。
遠くへ行っていると、すぐに家に帰りたいと思う。
腰痛やらいろいろあって椅子に座ったりするのが苦痛である。
横になると起き上がるのがつらい。ちょこちょこ歩くのは快適。

そして3か月ほど海水浴をしてみた、、医師がそう言うので、、、。
なんか治らない一病息災で生きていくのかなぁ、、。
昨年骨折した手首は良くなってきた。
PCのマウスは左手で行っている。慣れればそれなりである。
なんかもう海水浴でクロールや平泳ぎをすると苦痛極まりない。
ただボケーッと太陽を眺めながら浮いているのは心地よかった。
足の下3メートルに海底があるところを泳がずに歩いてみた。
泳ぐと疲れるので、海の中を歩くようにして、うろうろして、
なんだか地上でも海でもうろうろで、わたくしは何の役にもたっていない。
まぁ自分のことで精いっぱいである。まず動けるようにしたい。

ケファロニア島フィスカルド
f0037264_00560625.jpg
  
今年はレフカダ島、ケファロニア島、ザキントス島へ行った。
なんかもう9月10月でも、観光客兼バケーション客が多かった。
何しろギリシャの島(ロードス島、コス島、レスボス島、ヒオス島)
そしてトルコの美しい海岸には難民がウロウロして落ち着かないらしい。
今年はイオニア諸島(レフカダ、ケファロニア、イタキ、ザキントス)が大人気で、
東ヨーロッパの団体バスを何台も見たし、ロシア人も致し、中国人もいた。
そしてケファロニア島には個人的なバカンス客のイギリス人とイタリア人とドイツ人もいたな。
ケファロニア島フィスカルド
f0037264_17020326.jpg


フィスカルドとは中世にこの地を収めた領主というか王の名前から来ている。
ロベール・ギスカール(ロベルト・ギスカルド)の一族はシチリアも統治していた。
ギスカルは地中海のいくつかの島を統治管理し王国を作った。
あまり血を見るやり方ははせず、まぁそれなりにもめたりしはしても、
統治するのは結構スムーズだった。

・・・統治するよ、島は守るよ、税金払ってね、
農地は取り上げないよ。農産物は他国へ売ってあげるよ。
各国船主たちは中継地として使用料払ってね、
ケファロニア島のギリシャ人船主の貨物船の安全を守るよ。
島の屈強な男は衛兵にするよ、、。

いろいろ配慮した面があったので、領主と島民は関係もよかったらしい。

ケファロニア島フィスカルド
f0037264_17024742.jpg


ケファロニア島の海上に浮かぶレストランへ行ったら、
そこに数年前まで建設大臣をやっていた性格の悪そうな人物がいた。
ケファロニア島の政治家ではなく、ちょっとバカンスで奥様と一緒に来たようだ。
なんかもう知らなくて、わたくしはその隣の席に座ってしまった。
すると家人がみるみる顔を青くして、あああああ、ここやだ!と言い出した。
もう注文したし、しょうがないから、我慢してもらった。

周囲を見ると、この政治家一家の周りのテーブルが全部ガラガラだった。
その政治家の隣へ座りたいとギリシャ人はいなかった。
よくわからないが、その政治家は袖の下をがっつり取って、
何もしないで税金やらEUのお金を
懐の入れたとかいう噂があるようだ。
数多くいる有用と無用な公務員たちの中には給料を減らされたり、
或いは給料未払いでまま働かされている人もいたりするわけである。

レストランの客席はその政治家の周りだけは席が空いている。
そして入口から新しい客が入ってくるのだが、彼とその家族がいるのを見て、
帰ってしまう人が続出だった。いるだけで営業妨害みたい。→こんな顔をした政治家さん 

ケファロニア島フィスカルド
f0037264_17285615.jpg


旅のイギリス人夫妻が3匹のワンちゃんを連れて、海岸線道路を散歩しいた。
ワンちゃんたちとはいつも一緒で我が子のようにかわいいという。
聞いた話によると、イギリスとフランスの間にトンネルとかフェリーがあって、
ぶっ通し運転でイタリアまで来て、フェリーに乗ってギリシャに来たという。
そんなに遠くないよ、北海道から沖縄へ来たようなものだよ、、とか。

ロシアとか゚ルーマニアから自分の車で来ている人がいるのだが、
なんか途中の見知らぬ国を通過するのは怖くないのだろうか?
高速道路で来るので、意外と大丈夫とか言ってた、、不思議。

写真ケファロニア島フィスカルド
f0037264_00491493.jpg

このような船がケファロニア島のあちこちの小港に停泊している。
こういう船はヨットというのかな?
あまり詳しくないのでわからないが、個人所有のものとレンタルのものがあるようだ。


足袋ソックスは素晴らしい!


9月中は島に行っていたので、履物はゴム草履。
夜は足が冷えるので、足袋ソックスを履くといい感じだった。
 
ギリシャに夏になるとやってくる日本人の旅人がいる。その方はとても素敵。
素を晴らして、素晴らしい。素晴らしくて敵わないから素敵なのだ。
(この言い回し、井上ひさしの作品にあった。)
その方がわたくしに下さった足袋ソックスを履いて歩くと、ギリシャ人にうらやましがられてしまう。
まぁその時のいでたちは久留米絣のモンペスーツに黒のTシャツ、
そして叔父叔母にもらった青い下駄。もったいないけど使い倒すことにした。
なんか久留米絣のもんぺは結構迫力、そして青い下駄、そして富士山足袋ソックス。
下の写真はピンクのゴム草履なのだが、
ギリシャのアスファルトを歩くと下駄の鼻緒が取れたらたいへんなので、
日本文化サークルに行く道のりはピンクのゴム草履にしている。
旅人にもらった足袋ソックス
f0037264_17013331.jpg
 
ギリシャ人は草履のことをサヨナレスという。
片方だけならサヨナラ、1足ならサヨナレスである。
サヨナラは日本語のさようならから来たようだが、そういうのを知らずに
草履のことをサヨナラ、サヨナレス、というギリシャ人もいて、
意味を知ると、なるほど、なるほどと感心する。


AKB48 恋するフォーチュンクッキー
今さらなのだが、恋するフォーチュンクッキーって、いいなぁ。
みんなで楽しめて、この歌と踊りの動画がたくさんあって、感動した。
踊りが難しくなさそうなので、毎日、聴いて見て、踊っている。
ニューヨークには日本人がたくさん住んでいるんだねぇ、いいなぁ。
みんないろんなところで頑張っているのがうれしい。



数年前に流行った曲なのは知っていたけど、
なんだかみんなで踊るのを見ていると心なごむ。
わたくしの朝の準備体操にすることにした!

♪~恋するフォーチュンクッキ~~未来はそんなわるくないよ~~HEY!HEY!HEY!

恋するフォーチュンクッキーの公式サイトは→ここ

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

[PR]
by agapi | 2017-10-15 06:57 | ケファロニア島 | Comments(5)