ヒオス島の三匹の市民犬


ヒオス島の町中で惰眠をむさぼるノラ君が三匹。
f0037264_05065648.jpg


首輪に名前と予防接種日の札が付いた市民権を持った市民犬なのだ。
f0037264_04524318.jpg


外国人のボランティアさんと多国籍難民の子供たちを散歩させて通過。
f0037264_05084084.jpg


黄色いベストの背中に「意識して共有しよう」と書かれているんだけどね。 
f0037264_05202684.jpg


美しく穏やかで豊かなヒオス島へまた行きたいと思っている。
f0037264_05320818.jpg


ギリシャの海は各島ごとに海上保安局があるのだが、そこで働くギリシャ人はギリシャから給料をもらっている。しかも安い。「お疲れ様です」と感謝の気持ちでいっぱいだ。

しかしながら不思議にもボランティアさんというのは海外の豊の国々の人たちがやってくる。無報酬ではないから、ただの金稼ぎだろうと思ってしまう。さまざまな団体がいて、カナダ、アメリカ、ヨーロッパ、イスラエルなどの人たちがいる。このボランティアさんたちの支払うお金はいったいどこからでているのだろうか?ソロスが関与しているらしいという。

イスラエルの女の子たちは難民を助けたいとテレビのインタヴューで答えていたんだけど、いかにも純朴なナイーブな答えが出ていた。しかしユーチューブのコメント欄には、それならギリシャに来ないで、自国でボーダーをあけてくれ!と運動すべきだと言われていた。まずは自国でパレスチナ人との争いを沈めてからにしてほしいとか、あった。でも優しい気持ちは大切にしたい。

カナダ人とかアメリカ人とか優しいんだけど、荒くれ偽装難民たちがそういう優しい人たちに暴力をふるったり、ボランティア用の車に火をつけたりする。本当にバカなので、自分のキャンプに火をつけてみたりするのもいて。人類は「心が通じる」という幻想はやめた方がいいかも。

前もここで書いたけど、例えばシンデレラ姫だ。
あの話は有名で世界中の言語に翻訳された童話だ。宗教や文化が違っても世界的な童話イソップとかグリムとかあって、世界の子供たちは共通認識ができている。←ここ大事なとこ。難民にもいろいろあって、やっと自分の名を書くだけの人もいる。考える力というのは言語材料の多さ、言葉の豊かさで広がる。言葉で考えるとすると、荒れ狂っている難民の言語材料は少ない。それは本を読む習慣がないことが大きい。いろいろな考え方は言葉を理解して入ってくる。善良な人でもごみ散らかしては全量ではないし、手を洗わずに料理したり、、、いろいろ、、同じく考えるのは難しい。
わたくしがシンデレラの話をしてあげたら、あるイスラムの国の青年は「シンデレラはお城に行きたいと思ってはいけない。男とダンスしたいなんていかがわしい。だいたい継母はゴハンは毎日くれたのだから悪い人ではない。世の中に悪い人たちはたくさんいる」という感想をいただいた。

さてアテネのビクトリア広場の南の後ろ側にフェロン通りに難民事務局センターみたいのがある。その近くに顔見知りのコピーセンターのオネエサンがいるのだが、昨年夏のある穂道路が封鎖になって、道路の端から端まで警察官やらSPが並び、店のや事務所のドアは絶対開けるなというお達しがあり、写真も撮るなと言われたそうだ。それで事務所のガラス窓の隙間か興味深く何が起きるのかを見ていたそうだ。オネエサンは驚愕した。あの雑誌とかで見たことのある醜悪な顔ソロスいたからだった。写真を撮ろうとするものは抑え込まれしまうので、ただ見ていたそうだ。そこに日本人の女性もいたという。なんだかなぁ。オネエサンががっかりして日本人はいい人だと思ったのに、悲しいとか言っていた。本当に日本人?と聞いたら、オネエサンが、ワタシの目に狂いはない!っていうんだよね。

昨年9月の新学期に島の幼稚園や学校に受け入れろ!ということだったが子供たちの肝炎が多いので、ギリシャ人保護者が怒った。それで保護者代表が学校の鍵を閉めて入れないようにしたという話を聞いた。わたくしが保護者なら同じことをするのかな、、、我が子は可愛いし、ここギリシャだし、予防接種とか、手を洗うとか、当たり前。学校教育というギリシャの公共サービスはギリシャ人の税金でできたもの、しかも毎年子供の数む少なくなって縮小し公務員の数も減らし、経済負担を少なくしていこうとしているのに、うなぎ上り難民児童数に言語問題、遊び方というか、暴れ方が、半端ない教室って困る。病原菌もいろいろあるらしい。

数年前コス島っだったか、ヒオス島だったか、デンマーク人ボランティアがコレラになったという。
難民の方たちはそういう菌を持っていても発病しないのだろうか?

まぁ、解決できない話はしょうがないけど、
スカッと解決できて良かった話はここ。



人の気持ちを大切にしないといろいろ因果応報というか、身から出た錆、なのだ。
わたくしなどは何でもテキトーなので、因果応報まで行かないし、
身から出た錆もあまりやっていない。アホなんで気が付いていないのかもしれないけど。
つまりイウダケバンチョ―なので、言ってるだけ!
まぁそれだからこそ、後悔先に立たず、は多い。人生そればっかり。
七転び八起きならず、七転八倒って感じ。
手は骨折後の手根管症候群いわゆる神経痛がひどい。なんかもうびりびり。

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-02-07 19:49 | ヒオス島 | Comments(4)
ギリシャの島では雪が降り、寒すぎて、
島周辺の海上から湯気のような気流がもうもう。わき立っている。
f0037264_03305920.jpg


こういう島の村の古家の連なる道を歩くと犬も猫もいるけど
時々ロバさんがヒトリで住んでいたりするので、鳴き声でびっくりする。
f0037264_03114577.jpg
 

メイクの話
 
1.ファンデーション
わたくしが持っているファンデーション類はすべてラロシュポゼ(ラロシュポサイ?)の5種類。
左からCCクリーム、BBクリーム、ウォータークリームファンデーション、ティント?、コンパクトクリームファンデーション。
f0037264_18520238.png
 
わたくしはものすごいシミがって口の横から頬全体に会ったり、レーザーもやったが全然ダメだった。それとピーリングとか、医者にも行った。
ロードス島の薬局のマダムが「シミが増えたから、これを使ってるけど、いいわよ」と勧められたのビタミンCクリーム。つけてみたが何も変化もなく、2本目が終わったころに、友だちや近所の人に「シミがなくなったわねどうしたの?」と聞かれた。ただラロシュポゼのビタミンCの入ったチューブ入りのクリームを使っていただけだった。なんとなくファンデーション類も同じ会社のものして使用していただけ。アクティブCという名前だったけど、今はギリシャの店頭にはない。それでレダミックCを使っている。しわの気になる人はレダミックRを使うと良いらしい。

ちょっと前まではファンデはデパートコスメテッィクスを使っていた。お高いのはやっぱり良いと思う。しかしこの頃は健康に見えれば良いと町薬局系のファンデにした。ラロシュポゼ以外にもアヴェンヌとか、ヴィシーとか、アピヴィダとか、あるみたい。プチプラ(安価)化粧品というほど安くはないが、なんかもうこれでよい。日本にいたとき、エーザイとかクラブ化粧品とか、使っていた。

なんかもういわゆるデパ―トコスメテッィクス、略してデパコスは高級で、ファンデはいいかもしれないが、やっぱり化粧をしているというストレスがある。
それでドッラグストアではなく、いわゆる町薬局で売っているBBクリームとか、CCクリームは塗っているというストレスが少ない。
 
あるデパコス店頭の話
ファンデーションで肌の色に合わせてとか言われて、ギリシャの某デパコスの美容部員さんがちょっと暗めのファンデを勧められて買ってしまった。彼女はなんかもう勉強不足の人だった。お財布に厳しい高級品は、手より黒いお顔になるファンデだったわよ。なにそれ?という感じ。そのお高い黒ファンデと一番白いファンデを混ぜて使っていたことがあるが、はっきり言って、その一番明るいファンデだけのほうががぴったりだった。黒ファンデに怒りを覚えてしまった。そういえばそのお高いデパコス売り場にやってくる顧客はみんな肌より暗いファンデを使っているのか、うっとおしい化粧に仕上がっていた奥様が多かった。最近は行かないので知らない。
あのファンデは今思えば、アフリカ系の方がつかうもののような、、。アフリカ系の方のメイク動画を見てそのように思った。

それからわたくしの気が付いた点なのだが、肌に合いすぎるファンデの所為で化粧をした気になれない。すっぴんにしか見えないから。さらにワンランク明るめのを使うと化粧した気持ちになる。まぁ、健康で明るく見えれば良いと思うのだが、それにつけてもオバサンにファンデは大切なのだ。

2.マスカラ
日本のアットコスメの人気ランキングで商品をチェックしている。毎月変わるのでいろいろだが、

マスカラの1位はクリー二ークのラッシュパワーロングウエアリングというもの。
2位から30位までチェックしたら全部が日本製品だった。ヒロインメイク(キスミー)、キャンメイク、ケイト、オペラ、マジョリカマジョルカ、エテュセ、デジャヴ、キングダム、ファシオ、セザンヌ、、、、

日本のアットコスメの最新口コミランキング  マスカラ1位から10位
わたくしの持っているマスカラは2本でクリニークとラロシュポゼだ。
f0037264_07180634.jpg

日本人気ナンバーワンのマスカラでギリシャで売っているのは
クリニークのラッシュパワーロングウエアリング。
まつげが黒くぬれてくっつかない。そして落ちない。
落とすときはお湯で落ちるらしい。
コットンにお湯を含ませて取っている動画を見た。

ちなみにあるメイク動画で知ったのだが、お高い有名マスカラは長さとカールキープと書かれていても、すぐまつげがまっすぐ下に落ちてパンダ目になるらしい。
しかしヨーロッパ人とか中東の人は、ものすごくまつげが長くて、びっしり生えていて、まつげをカールしてあげなくてもOKだったりする。中東の女性のすっぴんのオネエサンのまつげがびっしりですごい。もうそれはそれはびっしり。こういう人がマスカラつけたら、ヒジキまつげになるのかな?

日本にはカールキープできるマスカラ下地もすばらしいのがあるようだ。

世界のメイク動画で、アメリカ、カナダ、中東、イギリス、フランス、ギリシャ、日本のをユーチューブで見ているが、お国柄がいろいろ。日本人或いは日本に住んでいる人はメイクの職人さんみたいな人ばかりで、本当に感心する。もう別人になってしまう感じ。なんだか、お若い人のメイク動画を見て癒される。

 RinRin Doll ★ハロウィンメイク★レトロなアメコミメイク 


わたくしはオバサンでアメコミめいくはしないけど、メイクはしようと思う。
おしゃれやメイクをどうでもよいと思うとボケるらしい。
メイクは色を使うので、脳に良いのかもしれない。
まぁメイクでなくても花を栽培するとか、何か創作するとか、
カラフルは精神的にとても大切だと思う。
そうじゃなければ音楽を聴くとか、踊りもいいし、いろいろある。



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-01-27 06:34 | etc. | Comments(12)
今のところ100万回以上の再生回数

なめんなよって感じのポーズも素敵だわ。


 

動画に上げたら、台湾TVも取り上げたよう。素敵なダンスで元気になった。
若い人たちも素敵だ。なんか明日という字は明るい日と書くんだわよと思った。
わたくしなんか、踊りが覚えられなくて、このような動きはできない。

最近購入したレブロン化粧品
f0037264_07241689.jpg

レブロンのフォトレディのシェルという色。もっと白いのを買えばよかった!
バニラとかアイボリーとかいうのが良かったのかもしれない、日本人には!

我が家に化粧品庫にはファンデが6つか7つ新品のままある。なんか日替わりで試している。
わたしくしは日本円で3000円以上するのは買わない主義。



- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-01-26 20:46 | etc. | Comments(4)
あけましておめでとうございます。ワタシは野良犬のサラです。
f0037264_07124833.jpg


新年は野良猫の三毛猫のミッキーと猫少年ガーブとお祝いしている。
f0037264_07133418.jpg


ワタシの頭のずっと上のところに猫男モーリスもいたりする。
f0037264_07141329.jpg


野良たち全員、キリア(マダム)の恋ダンスを見させられて、凍結中。
f0037264_07143152.jpg
 

サラは午前中いっぱいアクロポリス考古学博物館の入口の屋根の下でぐっする眠っている。
それから小さな売店の入口で、勝手に警備員をしている。ここでもゴハンを貰っている。
その付近の方にも何かを貰って、猫給食にもメンバーとして参加している。
  

◎フクロウは不苦労で苦労知らず
f0037264_18340845.jpg

フクロウのペンダントを作ってみた。材料はお腹の部分は自然石で、
その周りをプラスティック粘土で、目玉の調達が大変だった。
しかし問題が発生!なんとこに回りにプラスティック粘土が固まらない。
なんでもオーブンで数分間ほど焼くとがっちりになるらしいのだが、
その際にやや有毒ガスが発生するらしい。
わたくしはガス苦手だ。家の中にそのようなものが漂うなんて、、、。
それで何日もそのままにして置いたら、辛子色の粘土がカチカチ化してきた。
自然に任せて、がっちりするまで、待つつもり。
固まったら、緑色の革ひもを通してつけてみようかな?
ちなみに白い石は、リムノス島の海岸で拾った大理石が二つ、透明の水晶が一つ
紫に白の縞がある水晶が一つ、緑色のカラフルな石はザイールの石だ。
まぁ、初めて作ったので、まだへたくそなので、もっと腕を磨きたい。

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-01-03 19:13 | プラカ | Comments(12)
新年明けましておめでとうございます。
Ευτυχισμένο το Νέο Έτος 2017 ! 

エフティヒスメノ・ト・ネオ・エトス・ディオヒリアデスデカエプタ! 

今年も皆さまにとって良い年でありますように!

なんかもう生まれてからずっと何もしていなかった感じで時が過ぎてしまう。
まぁ、誰にも迷惑をかけないようにして、最後まで人生を歩いていくつもり。
今年の抱負は、おしゃれして、健康と安全を心がけ、そして言葉を大事に使う、かなぁ。



ヒオス島メスタは要塞の町
1. 広場にある小さな理髪店
f0037264_03551889.jpg


2.要塞の町中にあるホテルの入口 
赤いネックレスのような干しトマトがぶら下がっている。
f0037264_03542824.jpg


3.小さなレストラン
f0037264_04104650.jpg


4.猫たちが集まりだして誰かを待っている感じ
f0037264_03514083.jpg


5.怪しい旅行者を追跡する黒猫巡査長
f0037264_03512322.jpg


6.メスタの町に張り巡らされた石畳の道
f0037264_03480413.jpg


あまりにも時が早く過ぎていくので、誰かが勝手に人の人生をぐるぐると時間の早回し、
或いは早送りをしているのかもしれない。そんな感じがしてしまうのだが、そうでもない?

金子由香里さんの「時は過ぎてゆく」という歌を聴いたことがある。
眠ってる間に 夢見てる間に時は流れ 過ぎてゆく子供の頃は もう夢の中時は時は 今も過ぎてゆく あなたの愛に 溺れている間に時ははかなく 過ぎてゆくお前は可愛い あの言葉もあなたさえも 今は遠い夢 眠ってる間に 唄ってる間に自由な時は 行ってしまった。

さびしいようなことを新年から書いてしまったが、
今年もやることがいっぱいある。その前に整理整頓!
 

- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2017-01-01 03:58 | etc. | Comments(8)
Καλά Χριστούγεννα!  
カラ・フリストゥゲニャ!
良いクリスマスを!
f0037264_08401592.jpg


一年があっという間、また来年もあっという間だと言っていそう。
f0037264_08440282.jpg


いろいろ宗教はあるが、その国の人が大切にするものは大切にしたい。
f0037264_08531252.jpg


ヒオス島のオリンビ村のギリシャ正教の小さな教会にキャンドルを灯した。
f0037264_08581269.jpg


皆さま、メリークリスマスであります!
なんだか世の中あわただしくそしてうまくいってない状況のニュースが毎日入ってくるが、わたくしの個人的生活においては、家の中、歩く道、決まっているので、なんかもうのんきに暮らしてる。


なかなか記事の更新ができないのはやはり利き腕の故障が尾を引いている。
この夏に右の手首を骨折し、やっとこくっついたわけだが、ちょっと茶碗を洗ったりすると、右腕がつる。それでマグネシウムを飲んだりしている。アイロンをかけると途中で腕がつる。 もうたいへんだ。

日本では星野源さんお歌う「恋」という歌が流行っていて、ドラマ「逃げる恥だが役に立つ」の主題歌になって、出演者たちが恋ダンスというのを踊っているそうだ。あのアメリカ大使のケネディさんとアメリカ大使館と領事館の職員さんたちが踊っていて楽しそうだと思った。
ケネディ大使はかわいい。職員さんも可愛い。かわいいは大切!


ラロシュポゼのCCクリーム
わたくし、ファンデーションというのは使用しないのだが、ラロシュポゼのCCクリームを使用している。結構きりっとしてツヤ肌になったので大評判。若い人が付けてらもっと素敵かも。日本腐女子会の反省会でわたくしのCCクリームを見せたら、帰りにみんなでホンドスセンター(ギリシャの衣料品と化粧品の量販店)によって、友人たちはそれぞれそれを購入していた。カバー力はまぁまぁで、プライマーとして使うのもよい。いやぁシミが見えないし、デパコス(デパートコスメ)より安い。日本でもそのうち発売されると思う。なんか賞を取ったらしい。

それで昨日そのクリームを買ったお友だちがどこかの集まりに出かけたようで好評を博した。そしてさっそく電話をくれた。
「あのCCクリームをつけて行ったら、『そのファンデーション、どこの?』と聞かれて、みんなに褒められたわよ。これがアガピさんが使っているもので、彼女は化粧品についてものすごく研究してんのよ!と言ったらさ、『今度あがぴさんを見に行くわ!』って言ってたよ」。

まぁ、年をとっても、年を取ったらかな?顔色が良い方がいい。アイシャドーだの、つけまだの、どうでもいい。ファンデーションは大切である。
わたくし、シミがたくさんあって、いろいろやったけど、基礎化粧品も大切。やっぱり化粧に使うファンデとかとても大切。いつのまにかシミは消えたけど、しわが増えて困った。そういえば日本にいたとき薬品会社のものを使っていた。エーザイとか、クラブ化粧品、キスミーとか、マダムジュジュとか、いろいろ。

赤リップ
赤リップはいい女の鉄則!とメイク動画で誰かが言っていたので、レブロンのウルトラ HD マット リップカラーの赤を買った。
レブロンはアテネだとホンドスセンターとオモ二アのノトスギャラリーで売っている。ホンドスセンターだと1本が13.5ユーロくらいだったかな?しかしノトスギャラリーだと1本買うともう1本付いてくるので、2本の値段分で4本を手に入れることができた。しかし赤(Loveという名前)とショッキングピンク(Obsessionという名前)ばかり残っていた。赤紫の(Addictionという名前)というのが人気で完売していた。
 
- にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
# by agapi | 2016-12-24 10:04 | etc. | Comments(9)

まわれ、まわれ、わたしのメリーゴーランド!


by アガピ