人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ギリシャのワインが大好き!

この2年で10キロ減量できましたが、理想体重よりもまだ10キロ以上重いです。しかし体重が減ると動きやすいです。今まで10キロのものを背負って生活していたのだなぁとしみじみ思いました。
ギリシャのワインが大好き!_f0037264_21062346.jpg


数日前に引っ越しをしました。今は6階に住んでいます。日本だと7階になりますね。アクロポリスが見えます。思いはいろいろありますが、これからさらにアクロポリスの近くに移動していきたいと思います。わたくしはアクロポリスのパルテノン神殿を眺めながら、ワインを飲みたいのです。アテネ市のプラカのレストランの屋上から手に取るようにアクロポリスが見えますが、わたくしはわたくしの好みのワインを飲んでみたいのです。
ギリシャのワインが大好き!_f0037264_21064137.jpg


ワインの発泡酒をシャンパンと言っていましたが、フランスがシャンパンはシャンパーニュ地方のものだというので、
ずいぶん前から、ギリシャではワインの発泡酒をアフロディと呼んでいます。

ギリシャには古い時代の品種のブドウがあって、ギリシャの地方色のあるブドウでワインが作られています。

ギリシャ神話に出て来るワイン、古代哲学者が愛飲していたワインなど、たくさんありますが、有名になりません。
それというのも大国がその品種でワインを生産したり大量買いしたりするのではないかと、ギリシャ人以外の外国人が心配してるみたいです。

たとえば考古学ファン、ギリシャ哲学、ギリシャ神話ファンの人たちが、スーパーマーケットで購入して、ホテルの部屋でゆっくり飲みたいからです。

古代哲学者アリストテレスの愛飲したワインは今も健在です。 ギリシャで楽しみたいのだと思いいますよ。





ちょっと前なんですが、わたくしに愛飲していたアフロディ(ギリシャのシャンパン)の一つがすっかり消えてしまったことがあります。ギリシャのワイン工場というのは小さいので、ワインの数量にも限りがあります。外国へ輸出して、酒屋になくなってしまっていました。名前はDEUSというものです。ラテン語で神という意味ですが、、どうしたのかな、、。

酒の肴はギリシャのハムチーズ類、大粒のオリーブ、乾パンにヨーグルトサラダ、その他いろいろ。飲んだら、今夜は踊りあかそう!という感じですね。

ヨロシクにほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
# by agapi | 2021-06-08 22:09

屈託とは年寄りの心持ちのことよ。

池上正太郎の剣客商売の鬼熊酒屋というところで、
秋山小衛兵が言います。

ーあの男にも屈託というものがあるのであろう、、。
 屈託とは年寄りの心持ちのこと、、。

なんかもう年寄りの心持ちのこと、わたくしにもわかりますよ。

屈託とは年寄りの心持ちのことよ。_f0037264_17071688.jpg

このブログをずっと書いていませんでした。
なんかもう567の所為で無気力になりました。
先日ギリシャの医師の言われました。
わたくしはは鬱ではなく、パニック症候群になる一歩手前だそうです。
何事も、おっかなびっくり、です。
そして567は、わたくしにだけではなく、みんな心を不安にさせてしまいます。
世相が暗くなりました。自粛が2年目に突入ですね。やれやれです。 

屈託とは年寄りの心持ちのことよ。_f0037264_17073391.jpg

ギリシャでは世代というか年齢によってワクチンの会社が違います。
70代はファイザーだそうで、60代から下何歳くらいか?はアストラゼネカだそうです。
わたくしはワクチンをしないことにしたので、外出は極力しません。
夫がアストラ…だったのですが、数日37度の熱があり、平熱になってはまた熱が出るという症状が出ました。聞くところによると夫のイトコや友人も同じです。やれやれです。だからわたくしはしません。 

屈託とは年寄りの心持ちのことよ。_f0037264_17075085.jpg

最近ですが、ギリシャにトルコ人の移民が多いです。彼らは難民ではなく、パスポートを持ち、飛行機でやって来て、アパートメント所謂マンションを購入して、ここに住むと言っています。ギリシャよりドイツの方がいいんじゃないの?と思うのですが、母国の政治が変わったら帰りたいと言ってました。すぐ帰国できるところにいたいのだそうです。家というか、アパートメントを買える人たちなので、小金持ち系です。

 


ヨロシクにほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

# by agapi | 2021-04-27 17:52

インボー論が怖すぎ!

皆さまお疲れ様です。
わたくしは精神的にずっしりと重い空気に抑え込まれた気持ちになりました。
567の病気の所為でこの1年ほど世界的に時間の決められた座敷牢のような生活をさせられました。コロナ鬱という精神疾患です。やれやれです。

1枚目の写真は567前の、わたくしの通り道でした。
インボー論が怖すぎ!_f0037264_19005510.jpg


2枚目の写真は567の外出禁止になった通り道です。 
インボー論が怖すぎ!_f0037264_19010851.jpg


3枚目の写真はお客さんたちの邪魔をせずにうろうろしている猫ちゃん。食べ物は階段道の上に用意されているので、空腹ということはありえません。趣味の人間ウォッチングでもしていたのでしょうが、今は人がいないのでお寂しい限りのようです。
インボー論が怖すぎ!_f0037264_19510296.jpg



ネットを見ていたら大量逮捕とか、
そのような言葉が上位に来ていて、
なんだろうと思ってみたら、
アメリカの中でハリウッド中心に260名が逮捕され処刑、
或いは逮捕され審判中、或いは逮捕され終身刑
260人くらいいて、怖くなりました。


停電が合図 
そして停電が各国であり、それがその国の犯罪者の逮捕の合図とか゚あったので、
まさかそんなことは、、、と思っていました。
 
バチカンは停電
その後に、教皇が退任、枢機卿10人が567で死亡とか、バチカン銀行の総裁が死亡とか、、
バチカンの地下に金の延べ棒がたくさんあって、この価値は世界の総生産額の4万年分とか、、
 
ギリシャにも停電が!
2月7日土曜日の23時頃アッティカ県とペロポネソス半島に停電が起こりました。
これはアスプロピルゴスの変圧器の火災事故で、すぐに復旧されました。
なんか、これって、合図だったの? 
でもギリシャの要人に誰も何も起こってはいませんが、怖いですけど!



世界中に指名手配されている人々
その罪状は人権とその国民に対する罪だということですが、知らんけど。
その名簿見たんですけど、ネットに出まわっていたので、、。
でも名簿に載っている有名な政治方とはEU各国のニュースで毎日出ていて、
偽物がゴムのマスクはしているようにも見えなかったし、どうなのかしら?


解放されたい!
わたくしは何が何だかわかりませんが、わたくしの願いは
安心して、善良な人たちが、食生活、健康に困らない未来が来ることです。
なんか一年悲しくて寂しくて怖かったので、それから人々が解放されますように!





ヨロシクにほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

# by agapi | 2021-02-09 20:51 | 世間話

古代遺跡に番犬は必要!

シシーとフローラはハドリアヌス図書館遺跡の番犬で、
夜は遺跡の警備員さんと一緒に過ごします。
ほかに2匹の番犬の同僚がいいう感じです。
日中はフタリでのんきにしています。

写真は毛長犬のシシー
古代遺跡に番犬は必要!_f0037264_09041509.jpg

ギリシャの古代遺跡に夜に忍び込む窃盗団がときどきいたりします。
古い大理石の廃材などが欲しいようです。

写真は毛長犬のフローラ
古代遺跡に番犬は必要!_f0037264_09322683.jpg

地方の古代遺跡や博物館に窃盗団が入ることもあります。
まぁ、カメラがついていても、人里離れているので難しいですから、
警備員を置くところもあります。
そして遺跡の中に数匹の犬を入れていたりもします。

信じられないかもしれませんが、遺跡の中で、見学中に、
旅行者が大きな石をスポーツバッグに入れて持ち去ろうとしたりします。



Thank you!にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
       
# by agapi | 2021-01-20 09:20 | 遺跡と博物館の犬

2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!

新年あけましておめでとうございます。令和3年元旦
Χρόνια πολλά ❣ Ευτυχισμένο το νέο έτος 2021.


皆さま、時は令和3年、西暦2021年となりました。
よい年になりますように祈っております。

2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!_f0037264_06100370.jpg
 
これからは1日1日を大切にしていきたいと思いました。
世の中何があるのかわからないと昨年はしみじみと知らされました。
自分の努力でなんとかなる!ということはない。やれやれです。

これから春になりますね。花が咲きだすので楽しみにしています。
2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!_f0037264_05361651.jpg
 

ハドリアヌス図書館の番犬
 
ハドリアヌス図書館遺跡には番犬がいます。
数年前は3匹いたのですが、本日は2匹と出会いました。
おそらく遺跡内は広大なので、中央の修復事務所にもう1匹はいるのでしょう。

遺跡の管理人さんに聞いたら、この犬はシシーいうそうです。
わたくしは間違えて名前を覚えていました。フローラだと思っていました。
なのでシシーと呼んでみたら、走って来てくれました。
2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!_f0037264_19423112.jpg


この犬がフローラだそうです。性格のよさそうなお顔で素晴らしいです。
2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!_f0037264_19421897.jpg


 
ハドリアヌスの猫の住人たち

猫はたくさんいて呼べば10匹以上来ます。
なんとなく遺跡の端っこで和んでいる猫さんたちの写真を撮りました。
写真と言ってもビデオ撮影したものから取ったものです。
2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!_f0037264_19441879.jpg


猫たちは番犬さんたちと仲良く暮らしています。
2021年は、太陽の下、月の下を自由に歩けますように!_f0037264_19443073.jpg



動画撮影について
ビデオカメラの使い方がうまくなりません。
猫餌10キロを持っているので猫たちがわたくしの周りをぐるぐるします。
それで撮影はできなくなり、餌やりをします。もうたいへんです。
ビデオ撮影者をどなたかやってくれないかしら?と考えたりしています。

さらに、エーゲ海の島へ行き、猫撮影をしたいのですが、無理!!!
外出制限もありますが、ひょっとしたら島にも行けるかもしれません。
しかし日本人顔のわたくしを見て、ある国と間違えられて、
遠巻きにされるのもいやだし、うろうろして嫌われたくありません。

アテネの歩いているところなら、たいていの人はわたくしをしっているし、
アクロポリスを周辺を巡回する警察官の皆さんも、あいさつしてくれます。


登録者が140人を超えました。
皆さま、ありがとうございます。
 

Thank you!にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
       
# by agapi | 2021-01-02 20:29 | 遺跡と博物館の犬