初夢で吉凶を占う日 初夢大作戦!

わたくしが子供の頃、祖父が日本の古い和歌を書いて枕の下に置いてくれました。
祖父が他界してから、この習慣がなくなりましたが、この数日、祖父のことを思い出して
今日は初夢大作戦を決行しようと思います。

子供の頃の我が家の初夢の儀式は
まず宝船に乗った七福神の絵に次の和歌をひらがなで書きます。
この和歌、上から読んでもしたから読んでも、同じです。回文になっています。

ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな
(長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな)


初夢については
wikipedia 初夢(はつゆめ)
ウィキの抜粋…新年のある夜に見る夢。この夢の内容で、1年の吉凶を占う風習がある。字義どおりに新年最初に見る夢とされることは少なく、現代では、元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多い。
、、、略、、、
初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに
「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」
というものがある。 その他にこの3つの組み合わせは、「狂歌・家つと」、「続五元集」、「狂歌・巴人集」、「譬喩尽」、「黄表紙・盧生夢魂其前日」、「笈埃随筆」[1]、「嬉遊笑覧」、「甲子夜話」[2] 、「俚言集覧」などの文献資料に記載されており[3]、江戸時代初期にはすでにあり、それぞれの起源は次のような諸説がある。 
徳川家縁の地である駿河国での高いものの順。富士山、愛鷹山、初物のなすの値段
富士山、鷹狩り、初物のなすを徳川家康が好んだことから
富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」
富士は「無事」、鷹は「高い」、なすは事を「成す」という掛け言葉
富士は曾我兄弟の仇討ち(富士山の裾野)、鷹は忠臣蔵(主君浅野家の紋所が鷹の羽)、茄子は鍵屋の辻の決闘(伊賀の名産品が茄子)
 
日本人のキリアがGOODな夢を見るといいなぁ。
f0037264_22104184.jpg


みんなも試してみたらどうかな?
f0037264_22131337.jpg


もしも正月二日に夢を見なかったら、三日でもいいらしいよ。
f0037264_22492185.jpg


とにかく、いい夢見てね。何事もスルスルといきますように。
f0037264_2258488.jpg


  人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2011-01-02 23:06 | etc. | Comments(2)
Commented by はにはにの母 at 2011-01-21 01:55 x
はじめまして。
おさむさんの水彩ブログからみつけました。
いつも、読み逃げしておりましたが、あまりにも美しい写真、あまりにも、ほのぼのの写真になんとかいわねばと。
編み物やってるんですね。
わかりますよ。私も、若いとき、やってました。ここは、暑い野で、セーターがいらないので編めないというのもありますが。
いつも楽しみにしてますよ。

Commented by agapi at 2011-01-24 10:06
はにはにの母さん、はじめまして。
なんとなく野良犬のワンちゃんたちのそばにいると、
ほのぼのあたたかい気持ちになり、幸せな気持ちになります。
編み物は大変ですが、編み出すととまりません。
編み物中毒になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< こんな初夢を見た! 謹賀新年 人間(少年)老い易く... >>