貧乏人から盗んで金持ちを救う泥棒 モンティ・パイソンの風刺


キリア(マダム)はボクをテリーと呼ぶけど、新聞テレビではボクはルカニコ。
f0037264_40638.jpg


このレポーターさんが動かないから、シャーッとしておくか、。
f0037264_403319.jpg


鬼畜・・・そういう言葉あります。

f0037264_4514181.png
ギリシャのデフォルトの話し合いが長引き、次はポルトガル、次は、、、と続きますが、なんだか恐ろしくて「白人は人間じゃない」というジャーナリストで作家の高山正之さんの本のタイトルを思い出しました。

あの白人とは列強国の人の政治家、銀行家、軍人などのことだと思いましたが、どうなのだろう?
ECB(ヨーロッパ中央銀行)って、意外とえぐいんだなぁと思いました。鬼畜なことをしれっとできるものなんですね。ギリシャの費やした金額とほぼ同じ金額の利息を要求しています。日本人とか日本銀行とか借金と同じ額の利息を要求するとは思えません。

イギリスのテレグラフのコメント欄にはEUの銀行がこのように続けることで動揺している人たちの意見が多くあります。大きな金融機関ECBもですが、IMFもノングリークファイナンシャルズに入っているようです。信頼できると思われていた金融機関が邪悪であると思う人たちが増えてきました。

EUの銀行は実は公的銀行ではなく民間銀行になっているので、銀行家の意思が繁栄されています。IMFもひょっとしたらすでにそうなっているのかもしれません。公営の金融機関は公営のままにしておくことが人々のためになっています。民営化の響きに合理化と思わせるところが資本家に協力する政治家たちの言い訳なのだろうと思います。

それにしても政治家はこの借金とその利息を自国民に民間債務としてローディングして責任を取らないのも恐ろしいことです。いったい何のための政治家なのだろうと思います。

この円グラフを見る前は世界の人々は何でギリシャ人はみんなでこんなお金を使ったのだろうと思いました。同じEUなのにECBなども闇金サラ金ばりですね。ギリシャが使用したお金は19パーセントに対して、なんかすごいですよ。夢も希望もなくなるわ!

こんな膨大な総額を助けるのは無理といわれても仕方ないことなのでしょう。

こういう借金の仕方をした前首相パパンドレウさんは毎週末カヌーを楽しんでいます。前回はエヴィア島でした。今回はスキヤソス島でカヌーです。そのために200人のSPを付けて移動しています。命の危険を感じているのかもしれません。それなら200人のSPまでつれて出かけるのは国費の無駄遣いと思います。どういう状況にあるかとか、お金もたいへんだとか、考えないのでしょうか、とても不思議。
彼はスポーツが好きで、花柄のバンダナを巻いて、カヌーをします。そして時間が来るとジョギングもします。

メルコジ(メルケル+サルコジ)たちと三者会談のときに、この続きは休憩をして引き続き行おう!ということになりました。そして再開の時間になり、パパンドレウさんが来ないのでどうしたのかなあ?と思ったら、彼はジョギングに出かけてしまいました。彼にとって優先順位はジョギングなのです。それでその後サルコジさんがインタビューなのかテレビ中継のときなのか、パパンドレウさんのこと「この人は頭がおかしい」とか言いました。サルコジさんのその声がニュースになって、わたくしはショックを受けてしまいました。ギリシャ人はもうポカーン(ばれたか、やっぱり)としていました。

わたくしはとろくてギリシャ語が分からないのでみんながショックを受けているときはわたくしは怒り、みんながポカーンとしているときはショックを受けています。つまりひと汽車遅れるのです。電車一台遅らせて乗ってついていく感じです。

現大統領のカロロス・パプーリャスさんはおだやか人徳者のようなお顔をしていますが、ギリシャのような小国で、アメリカ大統領よりも高い給料をもらっていました。別に世界のために飛び回っているわけでもなく、そうねぇ、名誉職なだけですが。それがスクープされてから、給料減額を申し出たそうです。わからなかったら、そのままだったかもしれません。スクープ前にやれば、いい人ね、と思われたと思いますが、残念です。

スイス銀行にギリシャのお金持ちが預金しているといいます。たぶんギリシャの政治家の公金横領であろうテレビで言っていましたが、見たわけではないので分かりません。でもその証拠としてスイス側がギリシャの銀行預金者たちのリストを譲渡するというのに断ったのが怪しいです。

昔からのギリシャの大富豪と呼ばれる人たちはもう10年も20年も前に税金大国のギリシャを去って海外に本社を持っています。そちらで税金を払っています。ギリシャには家があるようでその税金はギリシャに納めているようです。  

貧困・・・余りの借金の額に人々はシシフォスの岩を思うのでした。
シシフォスはコリントの狡猾( こうかつ)な王で、死後地獄に落とされ、大きな岩を山頂まで転がし上げる罰を与えられるが、岩は山頂に近づくといつも下に転がり落ちた。シシフォスの岩とは「むだ骨折り

やれ公務員多い、定年退職は早すぎ(人によりますが)とか、そういう問題もありますが、、
いくら切り詰めても、人々はお金を持っていないので、空腹な人が増えていくのかなぁ。
1週間前に高いビルの上から跳び下りようとした公務員女性がいました。


給料が下がって、クビになるかもしれない。
病気の子供がいて、ハンディキャップなの、
子供の薬に保険が利かなくなって、
食べるのもたいへんになって、
どうしたらよいかわからなくて、、。
f0037264_2221611.jpg


お願い、キリア、どうか、そこから跳び下りないで!
お願い、キリア、みんな、あなたと同じ、
わたしもそこにいく一歩手前なの。

下を歩いていた人たちが、あちらこちらから、
その高いビルの隅に立っていた女性に声をかけていました。
この女性はあとで、親戚の人が迎えに来ました。
大粒の涙を流していたので、周りの人も同じように大粒の涙を流していました。

風刺・・・貧乏人から盗んで金持ちを救う怪盗

昔、イギリスのモンティ・パイソンというお笑い番組がありました。日本と違ってやはりその国ならでは味付けがあって人気番組でした。そのなかに怪盗デニス・ムーアというのがあって、彼は貧しい人かたちから小銭を盗み、お金持ちに分けていました。しかしお金持ちと言うのは意外とセコイ人の集まりで、怪盗デニス・ムーアからティアラ(髪飾りのようなもの)をちょろまかしたりします。泥棒をちょろまかすとはあきれますが、これが風刺にみちていてすばらしいのです。金持ちは銀行家とか投資家で、泥棒が政治家で、その他大勢がドショミンです。下の動画は怪盗から小銭をもらう金持ちが面白い。
小銭は税金というところでしょうか、、。

060.gif
Denis Moore, Denis Moore riding through the land.
Denis Moore, Denis Moore without a merry band.
He steals from the poor and gives to the rich -- STUPID BITCH


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2012-02-20 06:47 | etc. | Comments(8)
Commented by セシリア at 2012-02-23 11:09 x
日本でも、ギリシャの経済問題はTVで取り上げられてますが、1時期程の報道ではなくなってます。今は、2次支援についての事が報道されてます。
↑窓から飛び降りようとした女性、その後生活出来ているのだろうか?なんだか明日は我が身と言う気がしてしまいます。
キャスターとカメラマンとわんこ。
わんこ、やるー!!その後、シャーをされた方は、どうされたんですか?気になる。
Commented at 2012-02-23 11:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by agapi at 2012-02-23 19:49
セシリアさん、ギリシャの公務員は上から下まで給料の格差がひどく、
彼女は未払い丘陵もあったのだろうと思います。
どうしていいか分からなくなるほどの苦しみがあるのだなぁと思いました。
彼女は冷静になって、それから親戚の人に、ごめんなさいを言いました。
どうなったかは分かりませんが、人々の思いは彼女に届きました。
やはり親戚近所は、、ギリシャ人の普通の人たちは手を取り合って生きていくしかありません。
この円グラフを見てオバマ大統領も相当驚き、人情もって接するように言いました。
犬はデモ隊を応援しています。そしてこのレポーターは気がついていませんでした。
Commented by agapi at 2012-02-23 19:49
mさん、ありがとうございます。
Commented by 村石太ザード&ジョージハリスン at 2012-02-29 20:33 x
日本の税金は 種類が 多いようですね。消費税増税するのかなぁ?天下り 事業仕分け どうなったのかなぁ
政治研究会(名前検討中 税金
Commented by たっぺねーさん at 2012-03-07 00:30 x
これは・・・・・・。
ちょっと言葉を失いますね。
政治家ってなんなんだろうと思います。
国民と国土を崩壊させてまで次の選挙が大事?
いつの間にか経済が世界を支配していろんな事がすり替えられて
大事な事が後回しになっていきます。
叫んでいる女性が自分に見える人は世界中にいそう・・・。
あすは我が身、とまではいかなくても、10年後は怪しい。
その頃には日本はガンが多発して医療費が逼迫して、なんてシナリオかな?
ワンコぐらいの寿命が分相応かも知れないですね。
Commented by agapi at 2012-03-15 21:18
村石太ザード&ジョージハリスンさん、庶民から小銭を集めて、天下り資金にでもするのでしょうか、、。
政治家も公務員もサムライに戻って、失敗したらハラキリする制度を復活させてほしいです。
Commented by agapi at 2012-03-15 21:32
たっぺねーさん、ギリシャがいろいろ前面に立たされていますが、
スペインの不動産バブル(島の高級リゾート化をはじめとする)もすごいらしいです。
日本とギリシャは違いますが、政治家がアホだと全部財産をなくします。
世界的にどこかがお金をとめているのかなぁと思いますね。
不景気とはいえ、昔ほど、お金が出回っていないのも不思議!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 海の番人 借金の内訳恐るべし、、ギリシャ... >>