なんか、くたびれました!

どんなに観光客が来ようとも、ボクラは平常どおりに昼寝に決行。
f0037264_22364939.jpg

赤犬君は、今のうちに食事をしておこうかな?考え中。
f0037264_2252324.jpg

サントリニ島のイアの町には路上の犬のために食料も水も万全だ。
f0037264_2311149.jpg

やれやれ、歩くのも億劫になってしまうよ。
f0037264_2313025.jpg



なんかもう、こちらのテレビのワイドショーではギリシャ激動!という感じです。
数日前に極右政党フリシ・アヴギ(黄金の夜明け)の国会議員及び党員たちが逮捕されました。
なんか、いろいろ、難しい!

ギリシャ首相のサマラスは訪米中の記者会見で、
ギリシャにナチスはいくなった!と言っていましたけどね、なんか違う状況になっています。
いろいろとこの極右政党からスキャンダルが出てきましたけど、、
まぁ、その中に悪い人もいるのかもしれませんが、
そのような政党が出てくる素地を作ってしまったことに大きな問題があると思います。

ギリシャよ、もっと借金をしろ!と言われたら普通は断ると思うのですが、
ギンコーから借金ごとにテーブルの下でお金をもらい続けていた今までの政治家たちはもっと悪質だと思います。たとえばパソック党(社会党系)とネア・デモクラティア党(新民主系)の人たちの責任は大で、彼らこそ刑務所入りだと思うけど、、。
その人たちはどうなるの?

ほかに前国会議員のツォハジョプロス氏は長期の国防大臣期間中に
およそ2億ユーロ着服したといわれていますが、人の話なので確証はありません。
たくさんの武器を購入してしまいました。
政権担当したほかの国会議員たちだって相当にガメたのでしょうが、
どうでもいい年老いた過去の政治家が逮捕されるわけです。
多くの猫ババ議員たちが逮捕されないことが国民にはストレスになっています。
ツォハジョプロス氏で2億ユーロならほかの国会議員だってガメてるので、
その人たちの隠し口座を差し押さえしてもらいたいものです。

わたくしは支持していませんが、フリシ・アヴギ党がひどいといっても、
国を破産させたり、この10年間で3000人以上の自殺者を出したりしたわけではないし、、。
逮捕されたフリシ・アヴギの政治家たちが裁判で無罪になる可能性もあるようで、
もしそうなったら現政権は倒れて、革命になるのかな、、。
なんかもうギリシャ人はくたびれちゃってます。

ギリシャはドイツの第2次世界大戦の賠償をもらおうとしているいう日本人がいますが、
そんな話は国会ではしてませんよ。議題に出たことないし。それどころじゃないですよ。
なんか日本のテレビで、そのようなできもしない溜愚痴を言ったギリシャ人もいたのでしょう。
テレビというのは面白い話を拾うのですよ。それを撮らせた人は誰よ?あきれました!
そんな現地を撮らせた日本人はきっとギリシャ人も日本人も嫌いな人なのだろうと思います。
なんかもうそんなできっこないことをとうとうとしゃべらせるなんてね。その人、かわいそう。
愚痴は言いたくなるのは分るけど、まぁそれどころじゃないのが現実ですよ。 
国会では借金返済の現実問題が解決しないし、なんかもう新しい税金やら、
未修理のボコボコの高速道路料金も取られるし、病院の初診料が20ユーロになったし、、
わたくしの思いつくのはそれくらい。病気になったら、寝て直す、しかないのかも。
 
それよりも税金がひどく高くて困りました。すごい税金を払い続けるして、もう国民の懐は空っぽ。
先祖代々の家屋敷農地を売り払おうにも買う人などいません。売れば税金、買えば税金、。
なんかもう税金を払うために家屋敷がなくなるところまでいくのでしょうか、、。
なんかもう生きてるだけで税金!という感じがしてきました。ちょっと、大げさかな?
ギリシャは最初の実験台で、様子を見て、次々国家破産になるようだ!とかいう人もいます。

ギリシャには企業がないのは、企業家がずっとむかしに税金の安いロンドンに本社を移しています。
ニアコスという船舶王の子孫はパリス・ニアルコスといって、パリス・ヒルトンと浮名を流したことがあります。
大富豪故アリストテレス・オナシスの前妻アテナはライバルの大富豪ニアルコスと再婚しました。
おそらくニアコスの最初の妻はアテナの姉だったと記憶していますが、、。
オナシスの孫は祖母の名を受け継いで、アテナ・オナシスといい、スイスに住んでいます。
最近オナシス家所有のスコルピオ島が売却されました。
彼女はオナシスの名前を捨てたいなど言いますが、財産は捨てたいとは言いません。
美男子パリス・ニアルコスとスイスに住むアテナ・オナシスは親戚になります。
ちなみに神話的にはパリスという名前はホメロスのイリアスの出てくる英雄で、人類で最も美しい男で、トロイ王子で、絶世の美女ヘレンを奪った人物です。

パリスの祖母とアテナの祖母は姉妹であり、アテナの祖母はのちにパリスの祖父と再婚しています。

大富豪のニアルコス一族はギリシャの遺跡の修復にはたくさんの寄付をしてくれます。
政治家は信用していないらしいです。またニアルコス氏はギリシャ人を多く採用しています。

それからおきな会社ではありませんが、老舗の青銅の会社がベルギーに移転をするというし、
ヨーロッパでは有名なヨーグルトの会社ファゲが外国移転をするようです。
賃金の問題ではなく税金の問題です。

わたくしは家の中にいます。わたくしの家も親戚も友人たちも税金をごまかしたことはありません。
なんかもう、毎日領収書を集めて、細かくチェックして、いつまでこの鬱陶しい状況が続くのかな?
まぁ、オリーブオイル、トマト、フェタチーズ、パン、があればだいじょうぶです。

 



人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

[PR]
by agapi | 2013-10-04 09:11 | サントリーニ島 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ギリシャで着物を家で着る。 ずっと呆けていたので、倍返し! >>