ギリシャで着物を!

わたくしは着物を27枚くらい持っていますが、アテネでわたくしが着たことのあるものは3枚くらいです。ギリシャでほかの人に着付けたことは7人くらいありますが、すべて日本人でした。そのときはわたくしの着物を使用しました。わたくしはわたくし以外の人のために襦袢やら草履は用意できますが、サイズがあるので、なかなかぴったりとはしないので残念です。


ギリシャ人女性には掲載された写真の記事の着物を着付けたいと思っています。
☆身長150センチメートルから165センチメートル ☆体重55キロ以内 ☆足22.5センチから24センチ
 足袋はハコゼ付の外国人には結構きついようなので、白いたびソックスにしようと思います。
 



桃地に白いこぶしの花は150センチから163センチ
臙脂地に道長模様は155センチから165センチ
f0037264_20252625.jpg

濃い紫に鶴と花模様は155センチから165センチ
クリーム時に読み本と菊柄は150センチから160センチ
f0037264_20170254.jpg
灰地に扇子と菊柄は153センチから163センチ
白黄地に紅梅白梅画は153センチ163センチ
f0037264_20262855.jpg

朱の花嫁衣裳の掛下は150センチから160センチ 体重50キロ以内
青地に花柄は身長153センチから163センチまで
f0037264_20255248.jpg

f0037264_21395182.jpg


わたくしは黒留袖を着て、上の写真の朱色の振袖(花嫁の掛け下)着せたお嬢さんの隣に立ちたいと思っています。
当日は打ちかけも持って行き、着物を着た人たちがそれを着て記念撮影できるようにしたいと思います。

f0037264_18394312.jpg

まだ本決まりではありませんが、来年の初め頃に、ギリシャ人向けの「着物の講演会」が行われる予定でありまして、講和はギリシャ人の方によって行われます。そのときに着付けのデモンストレーションなどをすることになります。そのデモンストレーションはギリシャ人の女性に着付けます。お越しくださる方はほぼギリシャ人とギリシャに住む外国人になろうかと思います。特に着物に興味がある人の来場になると思います。ギリシャ関連団体主催で、着物スタッフは日本人はわたくしともう一人の女性がいるだけで、、着付けはわたくしのみなので、どなたか、お手伝いくださるとありがたいのですが、、。ファッションショーではありません。着物をどう着る!ということお見せするものです。そして徐々に着物に関心のある方のために集まりを作りたいものです。
浴衣の結び、太鼓結び、二十太鼓、銀座結び、角出し結び、、、そして振袖三大結び(ふくらすずめ、文庫、たて矢)が今のところほぼ素人状態。すっかり忘れています。どなたかご存知の日本人の方がいると心強いです。ここはギリシャで、そんな大掛かりなこともできないし、小さな国だし、できることしかできません。


打ち合わせで、モデルさんのような子は無理、たとえば身長170前後はどうかというのは無理であることを伝えました。わたくしの着物を170センチ前後の人が着たらひじが出てしまうし、振袖が腕辺りで終わり、肘をこえません。普通のギリシャ人の奥さま、お嬢さま、社会人の着せたいと話しました。それに23センチ前後の草履だし、、。

外国のお嬢さんが一人でたて矢結びをしている動画を発見しました。
感動しました。

これから我が家の物置部屋を空けてにボディーを出して着付けの練習をしないとね!` やはり普段から鍛えておこないといけません。デモンストレーションではギリシャ人のお嬢さんに振袖着付けを行うことにしています。着物の展示会ではないので、当日は事前に3人か4人或いは5人のギリシャ人の女性に着物を着ていただこうと思っています。しかしやはりその場で見つけて着せるのではなく、来てもらう方々を事前調整して置かなければなりません。慎重、体重、足のサイズはきっちりしておかないと!  それに着物を着るエチケットとして、清潔、そして着物に触るときは手を洗うことを理解してもらわないと、油とか化粧水などのついた手から、しみが発生したりします。  

ミシンも購入しましたが、なかなか、前に進みません。今は作務衣、そして浴衣、襦袢、仕立て衿、ひとえの着物、いろいろあります。ギリシャの縫製の専門の人に頼もうかしら?などと弱気にもなりますけど、薄手のデニムのひとえなど作ってみたいです。

ギリシャで着物を!
それから着物を縫ってみようと思っている方、
励ましあって、ひとえのデニム着物(男女)、半幅帯、角帯(男)、作ってみましょう。
年をとっていきますので、ギリシャの皆さんと仲良く暮らしていきたいなぁ、
知っていることはすべてこの地において、帰天したいです。


人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
  
 


[PR]
by agapi | 2014-05-17 22:36 | 時々着物 | Comments(4)
Commented by たっぺねーさん at 2014-05-21 23:22 x
うわぁ・・・・・。
凄いですね~~!!
着物の知識があるのはagapiさんだけ??
結婚式の計画と、年明けの企画は別よね??
うーん、大振袖(掛け下)着せるだけで私なんか終わっちゃいそう。
あれ、すごく難しいですよね、小物も七五三並みに特殊だし。
帯は丸帯でめちゃくちゃ重いしぃ(>_<)
でも、黒の大振袖、綺麗~~!ちょっとアンティークですね。
年明けの企画はモデルさんだけでも人数多いですね。
人前で長襦袢から着せる訳にはいかないから
裏で長襦袢まで着せて、着物は羽織って出て、
着物と帯結びを見せる感じ?
下にきせる物はボディーで説明するしか無いですね。
草履はいざとなったらビーチサンダルで♪
それでも着付師は3人は最低いないと厳しいんじゃ?
見せる着付けは実技者と助手がいないと
すごく分かりづらいです。
2月の発表会のDVDを持っていますけど参考にご覧になるなら送ります。
事前にご帰国の予定があるなら練習お手伝いしますよ~~。
今年はお盆に予定も特にないので♪
Commented by agapi at 2014-05-22 02:08
たっぺねーさん、ギリシャ人による講和とわたくしの着付けのデモンストレーションだけですから、おおがかりなものではありません。
ギリシャ人の参加者の中から事前に身長・体重・足サイズが合う人を探して、3人くらいに着せておいて、花嫁衣裳はこまごましたのは持っていないので、振袖の着付けだけの予定です。まだどうなるかわかりません。事前のトレーニングも必要で、その場で、人を見つけて着付けることはできません。

10年位前のアテネの着物展示会では、7人くらいの着付けをしたことがあります。それで茶道もしたのですが、、。

この次のイベントでは来場者は50人から100人くらいを予定しています。失敗してもおそらく失敗はわからないかもしれません。日本人はわたくし以外もう一人ですから。

わたくしはできるところまでしかやらないので、無理はしません。

帰国の予定はありません。お気遣いありがとうございます。地味な感じでやるので、大丈夫です。 無理しないでやります。
Commented by Sophia at 2014-09-19 20:16 x
はじめまして。
昨年末、東京からアテネに移住した者です。

以前、某呉服屋の商品企画をしていたこともあり「ギリシャ×着物」というキーワードに反応してしまいました。私は、とりあえず、ということでポリのプレタと浴衣しか持ってきていないので、agapiさんの着物愛に感動です^^

来年予定されている着物の講演会というのは、SOYAの方がおっしゃっていたものでしょうか。。。?受付位ならお役に立てるかと思いますので(笑)、いつかお会いできることを楽しみにしております。
Commented by agapi at 2014-09-23 06:04
Sophiaさん、そうですか、、すごい!
わたくし、着物はたくさん持ってます。そして縫ってます。
良かったら、手縫い仕上げが伝統なので、ミシンがなくてもだいじょうぶ。
ソフィアさん、すごく役に立ちます!もう着物を着たことがある人なら大歓迎です。
しかしこのごろたいへん自信をなくしています。そのうちお茶でも飲みましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 昼寝が仕事のアテネのノラ君 わたくしもがんばちゃうぞう、ち... >>