今日はクリスマス!

Καλά Χριστούγεννα!  
カラ・フリストゥゲニャ!


イエス・キリストのお誕生日ですね。
おめでとうございます。

教会内の中央のドーム型の天井にはイエス・キリストが描かれている。
f0037264_02485520.jpg

イエス・キリストはギリシャ語でイイスス・フリストスという。
すべて大文字で書くと、ΙΗΣΟΥΣ ΧΡΙΣΤΟΣ、
そして小文字を混ぜて書くと Ιησούς Χριστόςである。
聖母マリアの称号はパナギア(Παναγία)である。
ちなみにマリアという名前 Μαρίαと書く。

アテネのノラちゃんたちは人間の邪魔にならないように暮らしている。
首輪に予防接種の年月日と犬の名前が書かれてる札が付いている。
f0037264_02415333.jpg


ノラちゃんたちは何となく声を毎日かけてしまうアテネ人によって、
食べ物や飲料水などが施されている。

わたくしも出会ってしまったときに何も持っていないと申し訳ないので、
バッグの中に冷蔵庫の肉類とお米などを一緒にゆでたのを袋に入れている。
それをお腹が空いていた犬はパッと顔が明るくなってすごく喜ぶ。
f0037264_02394017.jpg


犬を簡単に軽く考えて購入した人たちによって、
犬の人生も変わってしまう。
まったく無責任な人たちには困りものである。
アテネで野良犬を集めて殺処分とかあるのかな?
あるという人もいるが、そのようなことをすると
動物愛護団体が「ヒトゴロシ!」と大騒ぎなるらしい。

保健所では電話をもらって、犬を集めて、
のちに賢い犬はまた路上に戻されるらしい。

ときどき予防接種をする。病気の犬は保健所に電話をする。
まぁ、野良犬の身分のままで、中には幸せな犬もいて、
町のみんなで飼っている状態の犬も何匹かいる。

犬は動物で、人間の方が大切という人がいる。
まったくその通りだが、犬もヒトのように大事に愛している人たちもいる。

アテネ保健所の人は殺処分は恐ろしいと思っている。
だいたい公的サービスで処理してもらおうという不届き者のせいで、
嫌な役回りをさせられるわけである。
わたくしも5匹も6匹も飼ってあげたいが、
体力的なものと年齢的なもので世話ができない。
そのような大きな家に住んでいるわけでもないので無理!

それで出会ってしまったときのために、
ワンちゃんゴハンをバッグに入れている。
地域での野良犬でも猫でもかわいそうと思う人たちは
アナタは月火、ワタシは水木、彼女が金土、彼が日と割り当てになる。
何となく自然に食事当番が決まってしまった。
わたくしも病気のときもあるので、結構大変なのだが、
ノラちゃんがわたくしの顔を見るとにっこりするので、
とりあえずふだんから健康にしている。

ノラちゃんにもメリークリスマス!

 
ヨロシクにほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
       
[PR]
by agapi | 2017-12-25 03:26 | 世間話 | Comments(9)
Commented by umi_bari at 2017-12-25 09:28
ノラちゃん、頑張って、日本だったら直ぐに
捕まっちゃうよ、怖いよ。
ノラちゃんが住める街は良いですね。
コンデジを使い分けているって凄い技ですね、
バグースです。
アラックには出来ません。
Commented by genova1991 at 2017-12-25 15:33
ギリシアのわんちゃんに、メリクリ☆彡
お世話に忙しいagapiさんに、メリークリスマス☆彡
皆が仲良く幸せに暮らせますように~~~!!!
Commented by agapi at 2017-12-26 00:27
umi_bariさん、お天気の状況でコンデジを選んでいます。
お天気の日はソニーがいいです。
野良犬とか野良猫はペットのなれの果てかもしれません。なんかもう犬も猫も仲良くさせて、食事させています。仲間意識のある犬と猫もいます。
Commented by agapi at 2017-12-26 00:29
genova1991さん、メリークリスマス!とかおめでとう!とか、
誰かに声をかけたり、かけられたり、大切だなぁと思う今日この頃です。
動物も挨拶したり、声をかけたりすると、にっこりします。
Commented by sheri-sheri at 2017-12-26 19:23
アガピさんの優しさに乾杯!のらちゃん達のこれからの未来が幸せとなるように!動物の哀れや苦しさを簡単に飼っては放棄する人々にわかれというのは無理かもしれないですね。困ったもんです。億万長者なら、世界中の哀れなワンや猫ちゃんを救出したいくらいです。でもagapiさんのたゆまぬ努力に感服します。大好きです!
Commented by agapi at 2017-12-27 08:32
sheri-sheriさん、ノラちゃんの良い子と出会うと心が痛くなります。
何となく以心伝心してしまうのか、雑踏の中からわたくしを見つけて近寄ってきます。
わたくしはいつも健康で、なるべく、猫犬給食に行きたいと思っています。
年を取ったので、もののあわれ、を深く感じてしまいます。
たくさん喜んだり悲しんだりしてきたので、いろいろな気持ちを理解できるようになりましたが、それはとてもつらいことだと思うようになりました。
Commented by sheri-sheri at 2017-12-29 13:35
agapiさん、深く共感します。私も若いころは、動物は好きでしたが、このようにワンコやにゃんこの境遇や命の哀れさなど深く思い至りませんでした。もう少し早く気付いていたら何か違う事が出来ていたのかもしれませんが、今となっては自分に出来ることをするしかありません。保健所や処分する方達の気持ちを思うと仕事といえどお辛いだろうと察してあまりあります。とはいえ、agapi さんの慈愛の行動は私にも強い勇気と行動力を与えて下さいました。ほんとにagapiさんに出会えて嬉しかったです。来年もどうぞよろしくお願いします。新しい年が幸福な一年になりますように!
Commented by agapi at 2018-01-01 01:13
sheri-sheri、ヒトや動物の世話というのは、体力がいりますね。
この頃は怪しい難民くずれのような人に、動物よりも人の方が大切とか言われます。しかしなんか難民の人にもよりますが、動物は怖くありませんが、ヒトは怖いですよ。
まったくもう、いろいろな、おもしろくて怪しい外国人にも出会います。
Commented by sheri-sheri at 2018-01-07 19:15
困りましたねぇ。・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 謹賀新年 平成30年 皇紀26... ケファロニア島の青の洞窟 >>