4月8日はギリシャ正教の復活祭

ローマ時代のアゴラ、通称ローマン・アゴラの中に風の塔がある。
f0037264_18410657.jpg


この周辺や遺跡の中を猫が歩いていたりする。ワンコもいる。
f0037264_18413886.jpg


飼犬の散歩をしている人たちが結構いて、その飼犬と野良猫は仲良し。
f0037264_18442164.jpg


風の塔は八面体オクタゴンで、各方向の風の神のレリーフがある。
f0037264_18433686.jpg


壁の上にいたワンコと野良にゃんが意外と仲良くしゃべっていて感動した。
f0037264_18450714.jpg


ギリシャ正教徒の復活祭(パスハ)
聖木曜日(4月5日)は最後の晩餐。
聖金曜日(4月6日)はキリストの受難(十字架に掛けらる)の日で、エピタフィオの日とも呼ばれる。 
エピタフィオとはキリストの棺のことを言う。
聖土曜日(4月7日)は深夜にキリストの死を悲しむ人たちの儀式が教会で行われる。
復活の日(4月8日)の午前零時にキリストの復活する予定

東方教会 正教会は、ギリシャ正教もしくは東方正教会とも呼ばれる、キリスト教の教会の一つ。 日本語の「正教」、英語名の"Orthodox"は、「正しい讃美」「正しい教え」を意味するギリシャ語のオルソドクシア "ορθοδοξία" に由来する。

ちなみに西方教会(せいほうきょうかい、英語: Western Christianity) は、西ヨーロッパに広がり成長したキリスト教諸教派(ローマ・カトリック教会、聖公会、プロテスタント、アナバプテストなど)の総称。ローマ・カトリック教会のみを指す場合もある。東方教会の対語。 ただし、東方典礼カトリック教会は完全にローマ・カトリック教会の一員であるが、基本的に東方教会に分類される(まれに西方教会に分類されることもある)。

毎年復活祭は東方と西方が同じ日だったり違ったりすることがある・
今年2018年は東方は4月8日で、西方は4月1日である。

 ヨロシク にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 
[PR]
by agapi | 2018-04-07 09:23 | etc. | Comments(5)
Commented by umi_bari at 2018-04-07 20:55
復活祭は盛況でしょうが、アラックは、
ワン&ニャンの揃い踏みが有り難いです。
バグースです。
Commented by agapi at 2018-04-09 15:45
umi_bariさん、復活祭は盛況です。クリスマスよりすごいです。
やはり誕生も大切ですが、復活あるいは再生はさらに大切で、
人として生まれ変わることなので、毎年世の中にもまれたら、
一所懸命お参りして厄落としのようだなぁと思ってします。
Commented by sheri-sheri at 2018-04-10 11:25
今日は。アガピさん。日本では4月8日お釈迦様の誕生日・・?花まつりです。娘が生まれる時、今は亡き母が8日のお釈迦様の日に間に合うようにと、色々歩いたらといわれ、遠出しました。すると8日の晩陣痛到来。でも深夜を過ぎ1時間半くらいオーバー。病院に8日にしてほしいとナンセンスな事をお願いするも却下。娘は当たり前に生まれた時間により四月九日生まれと記載されました。4月8日というのは古今東西お目出度い日なんですね。 
Commented by agapi at 2018-04-10 21:14
sheri-sheriさん、お釈迦様の誕生日素敵ですね。
キリスト教の復活祭はいつも日曜日で、毎年微妙に日にちが違います。
8日に生まれて、9日から明るい日の始まりで、なんか「明るい明日の絵を描いた!」ということで素晴らしい。
Commented by sheri-sheri at 2018-04-22 17:49
ほんとですねぇ。・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ハドリアヌス図書館のノラちゃん... ギリシャ晴れになれ! >>