人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アテネ市から動物保護のための外出許可書をもらう。

新型肺炎のためロックダウンされたので猫や犬に餌やりに行けなかった。
アテネ市から動物保護のための外出許可書をもらう。_f0037264_21002136.jpg


アテネ市に交渉をして餌やりのための外出許可書をもらってきた。
アテネ市から動物保護のための外出許可書をもらう。_f0037264_21084406.jpg


いやもう、驚き、アクロポリスの周辺、モナステラキ駅、誰もいない!
アテネ市から動物保護のための外出許可書をもらう。_f0037264_21085977.jpg
 
興味深い話

 
ギリシャ正教なので、この日曜日が復活祭である。復活のミサに行きたい人もいると思うのですが、
行く人たちがもしも神に守られているなどと戯言をのたまったら、次のようなお話をしてあげましょう。
そのような方たちへの戒めとなることを願います。

これは政治系ユーチューバーの三神利休さんにコメント欄にあったものです。
イタリアで食品襲撃事件発生!オランダは中国マスク130万枚リコール!アメリカは16万人を超える…スペインは中国倹査危機の信憑性疑い拒否!→https://www.youtube.com/watch?v=Niu8PqcGz8k
やすさんという方のコメントです。
 
引用開始
インドの件
神を信仰してる人は、神が助けてくれると思ってるが、それは間違い。こんな話を聞いたことがある。
「ある日、災害が起きた。しかし神を信じる主人公は逃げなかった。なぜなら神に全てを託しているから。彼には自信があった。慌てずに、ここでじっとしていれば助かると。
そこへ近所の人が駆けて来て、"おい大丈夫か?一緒に逃げよう!"と声を掛けた。
しかし彼は首を横へ振り、"僕は大丈夫。神がついているから"と穏やかに話した。
その様子を見て男は、"じゃあ俺は行くぞ!大丈夫だな?危なくなったら逃げよろよ!"と、その場を離れた。
彼は何の恐怖もなく、ただただ神を信じていた。
そこへまた別の男がやって来た。"おい、何してる?早く逃げろ!もうここはヤバイ!"と怒鳴りつけた。
すると彼は、"いやいや大丈夫ですよ。さあお行きなさい。僕はここに残ります"と落ち着き払っていた。奇跡を信じていたのだ。
男は、ダメだと思いその場を走り去った。

その直後、彼の信仰もむなしく、天へ昇ることとなる。そこで彼は神を見た。"おお神よ、なぜ私をお助けにならなかったのですか?"と尋ねると、神と思しき存在は答えた。
"助けたではないか、二度も。おまえは私のことを信じなかった。それゆえシを迎えたのだ"。
彼は愕然とした。。。」
これが本当の信仰。神を盲信することが信じることじゃない。
だから集会を目論んでいる方々、今は自粛したほうがいい。人々を信じなさい。そこにこそ神の声がある。
引用終了




作成した動画



誰もいないところ歩いていると自分の足音だけが妙に響く。
なんだか違う星に来たのかな?そんな感じになりますね。

ヨロシクにほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
 

by agapi | 2020-04-16 21:35 | プラカ
<< アクロポリス周辺の散歩 これは史上初の中国オリジナル、... >>